芸スポ

2010年6月25日 (金)

ウィンブルドン、3日越しの粘戦に決着 計11時間5分

リンク: asahi.com(朝日新聞社):ウィンブルドン、3日越しの粘戦に決着 計11時間5分 - スポーツ.

これすごいわ。70-68ってギャグだな。

ジョン・イスナー(米)-ニコラ・マユ(フランス)

6―4、3―6、6―7、7―6、70-68

トータル 92―91

ドンだけ力が接近してるんだ。

2010年6月25日1時11分

 伝統と格式あるウィンブルドンで、また一つ、テニス史上に残る記録が生まれた。男子シングルス1回戦、ニコラ・マユ(仏)―ジョン・イスナー(米)は、2度日没サスペンデッドとなる3日越しの大熱戦となり、24日、最終セット70―68でイスナーがついに決着をつけた。計11時間5分の歴史的な激闘だった。

 第23シードのイスナーは、206センチの長身から強烈なサーブを繰り出す。一方、予選2回戦もフルセットを24―22で競り勝ったマユは粘りが身上。22日に始まった試合は、イスナーの6―4、3―6、6―7、7―6で2時間54分を費やし、日が暮れた。第5セットだけ行った23日は互いにサービスゲームをすべてキープ。7時間を超え59―59。夕闇迫る午後9時10分、再度の日没となった。

 迎えた24日、再び同じコートに立った両者。1時間を超え、この日の20ゲーム目、最後はイスナーがパッシングショットを決め、終止符を打った。

 前日までに計10時間。2004年の全仏1回戦であった6時間33分を上回る、テニス史上最長試合時間になっていた。計183ゲームも史上最多なら、第5セットの70―68は、1969年全米の25―23を上回る1セット最多ゲーム。さらに合計215個のサービスエースは、統計が残る1991年以降の1試合最多記録。イスナーの112個、マユの103個は個人史上1、2位の記録だった。(藤島真人)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月13日 (日)

「10回戦えば7回勝てる」カメルーンL経験の戸塚さん - サッカーワールドカップ

リンク: asahi.com(朝日新聞社):「10回戦えば7回勝てる」カメルーンL経験の戸塚さん - サッカーワールドカップ.

カメルーン代表のほとんどはヨーロッパのチームでプレーしてる選手なんだから、カメルーンリーグでの経験に基づいて語ってもダメなんじゃないか?

2010年6月13日15時26分

 サッカーのワールドカップ(W杯)南アフリカ大会で、日本は14日の1次リーグ初戦でカメルーンに挑む。戸塚亮さん(27)は、同国の国内リーグでアジア人として初めてプレーした。そこで戸塚さんに聞いてみた。日本はカメルーンに勝てますか?

 カメルーンはW杯出場6回で、アフリカ勢最多。1990年イタリア大会では8強入りも果たした強豪だ。

 戸塚さんが最も警戒するのは、体の強さや瞬発力などアフリカ勢特有の圧倒的な身体能力。「ただ大きい、速いだけでなく、技術も高い」

 所属したカメルーン1部リーグの試合では、大柄な選手たちが体ごと相手にぶつかりながら、ヘディングできちんと球をコントロールしていた。身長168センチ、体重約60キロの戸塚さんはスピードと足元でのボールコントロールが持ち味だったが、「球を足で扱っている時間はほとんどなかった」。

 芝の状態の良い競技場は少ない。地面が凸凹で球を転がすとコントロールが難しい。「長いパスをして頭で競り合い、ゴールに遠いところからでもシュートする戦いになる」。代表チームにも、そんなプレースタイルが染み込んでいるとみる。

 FWエトー選手など攻撃の選手たちに共通するのは、良い意味での身勝手さ。「監督が右にパスを出せと指示しても、不意に左にパスを出す。それで相手を翻弄(ほんろう)できれば『良いプレーだ』とほめられる。日本にはない文化です」

 一方、守備面では、組織的に守備を組み立てるという感覚は乏しいという。「短いパスをつないでリズムを作れれば、試合の主導権を握るのは日本だと思う。10回戦えば7回は勝てる」

 ただし、「劣勢に陥った時のカメルーンは『個』の力が怖い」。代表選手の多くはレベルの高い欧州リーグでプレーし、1人で不利な局面を打開できる能力を備えている。「早い時間帯から日本が効果的に点を奪えるかがポイントです」(富田祥広)

     ◇

 戸塚亮(とづか・りょう) 1982年9月22日、東京都府中市生まれ。都立久留米高(現・東久留米総合高)ではサッカー部に所属。日本代表MF中村憲剛(川崎)は2年先輩。阪南大中退後、アルゼンチン1部リーグのクラブで練習生となり、2005年にカメルーン1部リーグのカノン・ヤウンデに入団。18試合に出場し2得点を挙げた。現在はサッカークラブFC府中のコーチ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 5日 (月)

友近は過大評価されている

昨日の日曜サンデーで友近が「卒業」したが、昨日は友近の卒業スペシャルとのことで、27人の証言も応接室も、友近を取り上げていた。そのなかで、爆笑問題の二人や、友近のためにゲストに来ていたバッファロー五郎の二人が友近を絶賛していた。天才で、女芸人ナンバーワンだと。

だけどそんなに面白いとは思えないんだよな。イッセー尾形の別バージョンってだけで、爆笑するようなもんではないと思う。一般人のマネはちょっと芸達者な女子大生とかなら出来てしまうレベルだと思うし、一般人のマネが面白いってんなら女優はみんな面白いことになってしまう。キャサリンとかラジオのパーソナリティーのマネだって、実際に声優とかバイリンガルのパーソナリティーがやっていることと同じことが出来ているというだけであって、それ自体が面白くはない。柳原可奈子のように、マネする対象自体が強烈で、それだけで面白いのとは違う。プラスアルファとして面白いネタがなきゃならないわけだが、そのネタがそれほど面白いわけでもない。ネタのレベルは宝塚がやるコメディーと同じぐらいのレベルだと思う。

芸人の腕でいったら、アジアンの馬場園のほうが上だと思うし、同じモノマネがらみの芸人で言えば清水ミチコの方が天才というにふさわしい。

確かにトークはいけるし、芸達者だし、いろんな相手に説教するという生き様は芸人ぽいのだが、ものすごく面白いってほどではない。

結局いつもの太田の誉め芸のネタにされただけかもしれないな。太田の誉め方はホントうまい。太田が誉める本は読みたくなる。でも、実際読むとそんなに面白くなかったりする。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年2月27日 (土)

キム・ヨナのフリーを見て体が震えた

もはやスポーツというより芸術だった。

優雅で、滑らかで、流れるような手と肩の動き。一つ一つの動きが自然で、見えない水の流れにただ身を任せているようで、見ていて気持ちが良い。終盤で、腕が何かに引っ張られるような動きがあったが、あれを見て特にそう感じた。

ジャンプとジャンプの間も、見えない流れに浮かんでひらひら体を動かしているようで、ジャンプの準備をしているふうに見えない。そしてジャンプは「そこで飛ぶのが自然」というふうに感じられる。すべてが必然で、何の違和感もなく、ただ美しいものを見せられている、という感じだった。

「多くの選手たちが涙を流すのを見た。私も涙を流すかと思った。涙を流したが、どうして泣いたのか分からない。初めて涙を流した。とてもうれしかった。すべてが終わったという感じだった」

演技が終わった後の喜びの爆発と思わず流した涙を見ると、見ていたこっちも神がかった演技を目撃できたのだ、という感動があった。得点を見て驚くキムヨナのしぐさも、奇跡に立ち会うことができたんだ、という喜びを感じさせてくれた。

キム・ヨナのしぐさも女の子っぽくてかわいらしい。思わず涙が流れて口を手でおおうシーン、得点が出て観客に手を振った後のガッツポーズ、演技の途中で片手を腰に当ててポーズを取るシーンも小悪魔的なかわいらしさだった。

国歌が流れているときに、胸に手を当てて自分でも歌っているところも好感が持てた。そしてそのときも泣いて、指で涙をぬぐうシーンは昔の日本映画で見るようなしぐさだった。

外国のメディアがキムヨナの演技をたたえているのを見ると、ニュートラルな感じでいい。

Captivating figure skater Kim Yu-na wins gold

http://seattletimes.nwsource.com/html/jerrybrewer/2011191422_brewer26.html

続きを読む "キム・ヨナのフリーを見て体が震えた"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月30日 (土)

中田英寿氏が新プロジェクトを発表「ケニアのこどもたちへ給食を」

リンク: スポーツナビ|中田英寿氏が新プロジェクトを発表「ケニアのこどもたちへ給食を」.

中田英寿氏が新プロジェクトを発表「ケニアのこどもたちへ給食を」
 サッカー元日本代表MFの中田英寿氏は28日、都内のホテルで同氏が代表理事を務める一般財団法人「TAKE ACTION FOUNDATION」の新プロジェクトの発表会見を行った。同財団は“ケニアのこどもたちへ学校給食10万食を支援すること”を目的として、「+1クリックアクション」プロジェクトを開始する。

 中田氏は会見の席で、「今回はインターネットがあれば誰でも参加することができる、クリック募金によるプロジェクトを開始することにしました。6月17日(午前10時)より開始します。東芝とWFP(国際連合世界食糧計画)の協力により、ケニアのこどもたちに給食を配布することで、彼らの就学率をアップすることが目的となります。プロジェクトに参加していただいた方の中から抽選で、年末の結果報告パーティーに出席していただくことになります」と語った。

 また、同財団の活動の一環として、4月12日に中田氏の出身地である山梨県甲府市でJ2のヴァンフォーレ甲府と対戦した「LIFE AFTER FOOTBALL」プロジェクトについては、「第1回の開催では、予想を大きく上回る数字を残すことができました。次回の開催については、すべての団体に無理のない仕組みを考えている段階で、夏ごろにできればと思っています。日本だけでなく海外でも広めていけたらと考えています」とコメント。
 さらに、同氏は「今回の活動のように、プロジェクトに参加する方々にメリットがあるように考えていますし、今後も続けていきたいです。将来的には、サッカーを通じてたくさんの団体や個人とのつながりを作り、大きな波を作ることを目的にしていきたい」と述べ、今後の活動に意欲を見せた。

[ スポーツナビ 2009年5月28日 18:00 ]

中田がやる募金活動には協力する気が起きない。なんでお前のマスターベーションに付合わされなきゃならないんだ、と思う。それどころか、世間一般の募金活動に対するイメージを悪くしていると思う。

ワンクリックすれば、1クリックあたり30円を東芝が払うことになっていて、総額300万円寄付されるとのこと。

中田の言い草では、「みんながメリットがある方式」 らしいが、

東芝のメリット: 企業のイメージアップ

ケニア人のメリット: 給食が食べられる

中田のメリット: いいことをしているかっこいい俺様になれる。また、寄付とか考えもつかない馬鹿な大衆に、寄付の大事さを気付かせてやれる。

クリックする人のメリット: 中田様のおかげでいことが出来て、さらに運が良ければ豪華なパーティーに呼んでいただける。

中田本人は、自分では寄付はしないようだ。こういう仕組みを考えたことで十分貢献しているつもりらしい。

でも、こいつは何にも分かってない。 寄付するのは、寄付する側にも「いい気分になれる」 というメリットがあってのことである。中田のようなかしこぶったやつにオンブにだっこで、バカみたいにワンクリックしただけでいい気分なんかにはなれない。これじゃ手柄は全部中田のもんじゃないか。で、ごほうびに、「俺達のパーティーに呼んでやるかも」 だと。どんだけ偉いんだ、お前は。

有名人が寄付をするのは確かに啓蒙活動として必要だと思う。だけど、自分の金で寄付しろよ。自分は贅沢三昧の暮しをしているくせに自分では寄付をせず、一般大衆を煽って金を絞り出させて、その中から自分の取り分はしっかりとってから残りを寄付する、なんてイメージ悪すぎる。

こんなんじゃ、誰にとっても、中田自身にとってもメリット無いんじゃないか?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年5月18日 (月)

松本のお相手は元お天気お姉さんの伊原凛さん

リンク: 松本のお相手は元お天気お姉さんの伊原凛さん(芸能) ― スポニチ Sponichi Annex ニュース.

結構地味な相手だなあ。あんまりうらやましくない。松本の恋人として報道されたのって、常盤貴子、優香、島袋寛子といるけど、優香だけだな、うらやましいのは。

奥さんは妊娠しているらしいが、子供は大金持ちの家の子として育つので、松本みたいに面白くはならなさそうだ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年4月11日 (土)

羽生名人の長考中、朝日委託の記者が扇子にサイン求める

リンク: 羽生名人の長考中、朝日委託の記者が扇子にサイン求める : 文化 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞).

羽生名人の長考中、朝日委託の記者が扇子にサイン求める

 羽生善治名人(38)に郷田真隆九段(38)が挑戦する将棋の第67期名人戦(朝日新聞社・毎日新聞社主催)で、テレビ放映されていた10日午前の対局中、羽生名人が44手目を考えていた際、朝日新聞が委託した観戦記事担当のフリーの記者(75)が、羽生名人に扇子を差し出してサインを求める、という珍事があった。

 羽生名人は、一瞬驚いた様子ながらも、応じた。

 将棋関係者は「前代未聞の事態」と首をかしげる。朝日新聞は記者に注意したうえで、「対局者に対して礼を失した行為で、関係者に迷惑をかけたことを深くおわびします」とコメントを出した。

 朝日新聞広報部によると、この記者は1976年から99年まで、同社嘱託として将棋の観戦記などを書き、その後もフリーの立場で活躍。羽生名人とも親しい関係で、反省しているという。

 名人戦7番勝負第1局は9、10日、東京都文京区の椿山荘で行われ、羽生名人が158手で勝った。対局後、朝日新聞が羽生名人や郷田九段に謝罪した。

 羽生名人は「突然だったのでとまどったが、10秒、20秒のことなので気にならなかった」と冷静に振り返った。

(2009年4月10日22時59分  読売新聞)

羽生かっけーーー

この記者は単に図々しいというよりちょっとボケてるんじゃないかな。

羽生のカッコ良さを引き立たせたので結果的にはOKだ。羽生も勝ってるし。

羽生善治と武豊は、能力だけでなく人柄もすばらしい。この二人、嫁さんも似た感じだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 6日 (月)

箕輪はるかが結核って出来すぎだ

似合いすぎだ。箕輪が病気になるとしたら結核か栄養失調かってかんじだけど、結核でゴホゴホ咳をしているイメージのほうがより似合っている。

これはいいネタになりそうだ、と思ったのだが、意外におおごとになっていて、わらいごとではないようだ。東京都までが乗り出して対策をしている。

完治まで半年から1年かかるそうだが、一発ギャグの人ではないから、復帰したときに古い感じはしないだろうと思う。

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/flash/KFullFlash20090406090.html

箕輪の結核入院で東京都が電話相談窓口設置

 人気お笑いコンビ「ハリセンボン」の箕輪はるか(29)が肺結核のため入院したことで、東京都は6日、感染拡大を防止するため接触者の調査と健康診断を実施するほか、電話相談窓口を設置すると発表した。

 結核感染は、せきなどで空気中に飛び出した結核菌を肺に吸い込むことで起こる。都はテレビ局のスタジオや劇場などでの感染が心配な場合、相談窓口か保健所に相談するよう呼び掛けている。相談窓口は、電話03(5320)4572。

[ 2009年04月06日 17:43]

| | コメント (0) | トラックバック (1)

水嶋ヒロってガンダムシードの登場人物のようだ

顔が良い。

背が高い。

声も良い。

演技もそつなくこなす。

サッカーはJリーグレベル。

英語ぺらぺら。

人格も立派。

女性を大事にする。

記者会見での態度は絶賛。

まるでコーディネーターだ。顔も、目が大きくて、アニメのキャラクターのようだし。ナチュラルではとても叶わないな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 4日 (土)

松村邦洋さん退院、「マラソン、やせたら再挑戦」

リンク: asahi.com(朝日新聞社):松村邦洋さん退院、「マラソン、やせたら再挑戦」 .

2009年4月3日

 今年3月の東京マラソンの出場中に倒れ、一時は心肺停止状態になったタレントの松村邦洋さん(41)が3日退院し、都内で会見を開いた。後遺症もなく、近く仕事に復帰するという。心筋梗塞(こうそく)と診断されたことを明かし、「芸能界の寿命より本当の寿命が大事」と語りながら、体重を落とすことを誓った。

 松村さんの体重は約100キロ。「マラソンはしたいが、皆に迷惑をかけた。65~70キロになったら再挑戦を考えたい」と語っている。

後遺症もなく、というのが非常にうれしい。AEDを使用した人の1ヶ月後生存率が40%程度と聞いて心配していた。会見での麻生総理の物真似でまた笑わせてもらった。芸といい、人の良さといい、日本の宝だよ、まっちゃんは。芸を持っていてやせても全然問題ないんだから、ぜひやせて長生きしてもらいたい。

後遺症がないってのが本当なら、今回の件がいいネタになりそうだから災い転じて福だな。

↓ サンケイによる、松村会見の詳細

http://sankei.jp.msn.com/entertainments/entertainers/090403/tnr0904031739012-n1.htm

| | コメント (1) | トラックバック (0)