経済・政治・国際

2012年7月14日 (土)

反原発デモ

草の根活動から始まったいい感じのデモのつもりらしいが、かまってちゃんのクレーマーたちが「自分達が怒ってるんだから誰かが何とかしろ」と丸投げしてるようにしか見えない。もしどうしても原発を止めたいんだったら、正式なプロセスはある。日本は民主制なんだから、選挙で反原発の議員が過半数を占めるようにして自分達の意志を通せばいい。あるいは電力会社の株の過半数を買い占めて、会社をコントロールすることだって出来る。今は5兆円もあればそうすることは出来るから、反対者が1000万人いたら、ひとり50万円出せば可能だし、反対者が5000万人もいたらひとり10万円で可能だ。また、電力会社が原発を動かしたがってるのは火力の燃料費が高いのが原因だから、その分を自分達が負担すると言えば原発を動かさなくてもよくなる。そういうことをしないで、自分達は文句を言うだけで、何の負担もせずに自分達の意志を通そうと言うのは虫が良すぎる。こいつらは、すべてを電力会社に負担させて自分達の意志を通そうとしている。

署名活動も同様だ。なんでお前らの意見を尊重しなきゃならないんだ、と思う。自分達の意志を通したかったら正式なルートを使ってやれ、と。

これがストだったら話は別だ。「これ以下の労働条件では働かない」という、正当な条件交渉なわけで、条件面でどうしても折り合わないのだったら自分からやめるか経営者はクビにすればいい。でも、「いい感じの穏やかなデモ」というのはしゃらくさくてムカツク。自分達は善人で、正義で、巨悪は別にいて、それに立ち向かってる、と思ってるであろうその意識が気に入らない。どうせ、綿とか麻のゆったりした服を着て、ヘアバンドなんかもして、髭なんかも生やして、いかにもエコな感じの、ロハスな感じの雰囲気をかもし出してるんだろう。で、「原発なんか要らない」と叫ぶ。 そらオマエラは気取ってロハスやってればいいのかも知れんが、安い電気が欲しい人たちはどうすりゃいいんだよ。お前らが要らなきゃみんな要らないってことになるのかよ。テメーラは優雅にオーガニック野菜でも食ってのどかに田舎暮らししていけるのかも知れんが皆が皆そうできるわけじゃないぞ。少しは他の人のことも考えろ。電気使いまくって、製品作りまくって売ってかないとやってけない人や企業はたくさんある。

こいつらの、自分の気持ちだけが大事で他人に対する気遣いのなさに腹が立つ。原発がたとえどんなにひどいものだったとしても、それをやめさすというならその後のことはちゃんと考えてやらないといかんだろうが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)