« 「イエロー・ハンカチーフ」は劣化コピーそのもの | トップページ | 「風立ちぬ」は退屈 »

2013年2月 8日 (金)

「96時間」はすっきりしたが後味が悪い

悪いやつを殺しまくって、悪いやつもいろいろなタイプがあって、乱暴者からインテリ風、ブサイクからイケメンまでよりどりみどりで、そいつらをこれでもかってほど殺しまくってて、悪いやつらも実際悪いから殺されて当然なんだが、そいつらが殺されてスッキリした後「本当にこれでよかったのか?」という疑問が湧く。悪いやつらは本当にあそこまで悪を徹底するのかね、と。あいつらだって人間だからそこまでひどいことはやらないんじゃないの? だからあそこまで殺しまくるのはどうなのかね?と。 なんかこう、最近のアメリカの、テロリストは人間じゃないから問答無用で殺していい、みたいな風潮がこの映画にも出ているような気がする。昔なら、悪いやつでももう少し人間味があって、べらべら喋ったりして駆け引きみたいのがあったと思うのだが、この映画は、最後の殺しもそうだが、確かに相手は腹の立つ相手ではあるが、ほぼ問答無用で即、殺している。多分現実はこの映画に近いんだろうけど、つまり、喋ってないでさっさと殺したりするのが正しいんだろうけど、非人間的なやり方に思えて、後味は悪かった。

それと、他の被害者がどうなったかを一切見せてくれないのも心配になる。娘だけ救い出して後は知らん、じゃねーだろーな。

マシンガン撃ってる敵の弾は全然あたらなくて、ピストル撃ってる主人公はバンバン相手を殺すところは、桃太郎侍みたいなもんだな。

次回作もあるようだが、せっかくここまでして助けた娘がまたなんかのトラブル--たぶんよりひどいやつ--に巻き込まれるのかと思うと見る気になれない。悪いやつを殺しまくってスッキリしたのは確かなのだが、見ている自分がすさんだ気持ちになって、「殺せ殺せ」と思ってしまうのも、それにふと気づくとあまり気持ちのいいものではなかった。ダイハードなんかとはちょっと違う。ダイハードは悪いやつがみんなやっつけられて「よかったよかった」という気分になれたのだが。

|

« 「イエロー・ハンカチーフ」は劣化コピーそのもの | トップページ | 「風立ちぬ」は退屈 »

コメント

思えば娘は殺されるわけでもなかった。
でもその娘を救うために当たり前のようにどんどん敵を殺していくってのがどうもなぁ。悪いやつなのは確かだが、罪と刑のつりあいが取れてないように感じた。その敵も、アルバニア系とイスラム系で、なんか先進国以外の国民は人間じゃないから話しても無駄で殺すしかない、みたいな描かれようで、嫌な気持ちが残る。娘はほぼ無傷で帰ってきて、最後は別れた女房とも和解してめでたしめでたしという雰囲気になっていたが、ああいう風に殺しまくった事に関しては何の後悔もなさそうで、自分さえハッピーならいいのか、という疑問が湧いた。

投稿: ex2channeler | 2013年2月 9日 (土) 08時47分

アメリカの映画かと思ったらフランス映画だったのか
フランス人も強烈だな アメリカ以上に悪者は虫けら扱いか
サルコジみたいなえらそうなやつを大統領にしてみたりとか、結構ヤバイ国民性なのかもしれん
やっぱまともな国は北欧しかないのか

投稿: ex2channeler | 2013年2月 9日 (土) 14時46分

今日地上波やってるけど確かに後味悪い
後味と言うか開始一時間ちょっとでなんか嫌な気持ちになる

投稿: | 2015年10月16日 (金) 22時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/516062/49276515

この記事へのトラックバック一覧です: 「96時間」はすっきりしたが後味が悪い:

« 「イエロー・ハンカチーフ」は劣化コピーそのもの | トップページ | 「風立ちぬ」は退屈 »