« 橋下の入試中止に対する胸のすく書き込み | トップページ | 「南極料理人」良かった »

2013年1月31日 (木)

「感染列島」は見てて恥ずかくて居ても立ってもいられない

こんなにひどい、見てて恥ずかしくなる映画をこれまで見たことがない。

それらしくかっこよく作ってるつもりなのだろうが、医療の素人である俺から見ても、「?」となる点が多いし、人を死なせて悲しくしてるつもりなのだろうがその安易さ、ご都合主義さが目立ち、こんな映画を感動大作としてもし自分が出したらと思うとこっぱずかしくて居ても立っても居られなくなった。

おそらく、監督以外のほかのスタッフたちや、出演したほとんどの役者たちも、試写かなんか見て「これはダメだ、ひどい」と感じたんじゃないか? 自分で脚本を書いた監督も、マズッたと思ったんじゃないのか? 

まず最初、佐藤浩市が死ぬところまでは普通だった。鳥インフルエンザが疑われて養鶏場を消毒する映像なんかはリアルで、期待感が高まった。

しかし壇れいが出てきてから「おや?」と思い始めて後は坂道を転げるように「?」の連続とこっぱずかしさの嵐で、この映画は伝説の「幻の湖」や「シベリア超特急」に匹敵するのではと思わされた。

壇れいは確かに美人だが、美人が科学者のリーダーの役をやるとどうしても説得力に欠ける。「こいつは顔でひいきされてリーダーになれたのであって、実力ではないんじゃないの?」と思ってしまう。フィリピンでの活躍シーンで心配する母親に向かって英語で「Don't worry」と言った後、もう一度「Don't worry.」と言うとこで「へ? もう一度言うだけか?」と思い、やっぱりこの人は実力ないな、という感じになった。

病院のスタッフ全員集めて白板に「それは何か、何をするのか、どこから来たのか、どうやって殺すか」と綺麗な字で書いたときもその内容にまったく具体性がなく、小学校の先生みたいに見えて優秀なリーダーは見えない。で、妻夫木とかが、区切り区切りで「その項目がクリアされた」ということでその白板の文字に線を引いていくんだが、いつまでその文字を消さずに残してるんだ、という突っ込みと、ほんとにそれでクリアされたことになったのか?という疑問が浮かぶ。

池脇千鶴の行動もひどい。最初、夫を死なせた妻夫木を責めるのはいいが、こういう大事になったのに傷ついたような顔をして黙ったり逃げたり。こいつの父親の、南国での医療活動がなにか美談のように描かれていたが、この親父の行動が日本で1千万人死んだ元凶になった。それを思うと池脇の行動はとんでもないと感じる。

妻夫木が見ず知らずの竹山を信じてウイルスの試料を渡すのもとんでもない話だし、その竹山がたった一人で顕微鏡のぞいてウイルスを発見してしまうのも「よくそういう設定に出来たな」と思って恥ずかしくなる。

隔離病棟に居るはずの妻夫木が当たり前のように外国に出て調査するおかしさ。何でただの救命医がウイルスの調査に行くんだ? 行かせてもらえるんだ? それも藤竜也を勝手に連れ出して。患者が多数出てて猫の手も借りたいと言う状況だろうに。WHOの指示無視で勝手に動いて、あんなことやってたらウイルスを拡散させる危険性が高いんじゃないか? 服はラフな格好でマスクとメガネを申し訳程度につけて危険地帯をずんずん行く。こんな行動するやつは閉じ込めておくしかないんじゃないか? 結局、外国で見つけたメモなんて何の役にも立たなかった。

爆笑問題の田中はあのまじめくさった演技が笑えてそこは良かったんだが、その嫁役の国仲涼子簡単に死なせすぎだろ。田中はお涙頂戴の役回りなんだろうが、それにしてもべた過ぎる。そのベタをやるために、他の人たちは結構粘ってなかなか死なないのに国仲だけあっさり死なせていて、このご都合主義も恥ずかしい。こんなんで泣くと思ってるのか?

で、光石研の娘が感染したときに、その彼氏は病院に入れてもらえてるでやんの。それどころか防護服着させてもらって、すぐそばで見守ってるという。だったら田中も入れてやれよ。でも何千万も患者がいるのに一人の患者を何人も医者や看護婦が取り囲んで、看病人に防護服まで着させて手厚く看護できるなんておかしい。

壇れいも感染したくせに長野に行くなよ。感染したら外に行ったらダメだろ。自分が感染止めるリーダーの癖にあの行動はない。

血清で直るみたいな結末だったけど、壇れいの実験の結果が出る前に光石研の娘にも適用して、血吐いて心臓止まるぐらい重症だったのに輸血したら娘直っちゃいやんの。血清の反応ってそんなに即効性あるのか疑問。

ああいう、患者が心肺停止するほど大変なときに、テレビ電話つなげるだけでもどうかと思ったんだが、他の患者ほっぽり出して長野にいる壇れいのとこに駆けつける妻夫木。ありえない。壇れいは最後死なせて回想シーン入れれば悲しくなると思ったのかもしれないが、血清が利いたかどうかは結局分らずじまいで壇れいが活躍したのかどうかも分らない。

テロップで「何千万人感染して何千万人死んだ」と書かれて、空撮で煙がちょっと上がってるぐらいの映像流されても「はあそうですか」とは全然思えない。解決もテロップで「ワクチンが開発されて収束に向かった」というだけで、映像でいろいろ見せられたが結局竹山がヒーローだったのかという話になる。

主人公である妻夫木と壇れいの行動はおかしいし、ほかの連中も感染を止めるために有効な行動をしたのは結局竹山だけで後の登場人物は光石研にしろ娘にしろ池脇千鶴にしろその父親にしろみんな感情に任せて無意味な行動をしているだけで、テロップでまとめて終わったことにしたという、映画の体をなしていない映画だった。良くある感動の場面をぶつ切りにして並べて「感動でござい」、と思ってるようなところが恥ずかしい。たとえば、壇れいが志願者を募って多くの医療スタッフが手を上げるところ。伏線がないので盛り上がりがない。また、機械を融通するために助からない人々を死なせる判断をした壇れいが雨の中で泣くところ。頼りないリーダーにしか見えない。TBSが金かけて豪華スターを起用して、これが出来てきたときの関係者の気持ちを察すると恐ろしいものがある。公開したくなかっただろうな。金かかってるから公開するしかないが。俺が監督だったら自殺してたかもしれない。もしかして監督の名前の「瀬々敬久」はアラン・スミシーみたいなもんか? と思ったら実在の人物だった。wikipedia を見ると、実験映画とかやってる人みたいでこんな大作映画にはまったく向かない人物のようだ。なんでこんな人を監督にしたのかね。

|

« 橋下の入試中止に対する胸のすく書き込み | トップページ | 「南極料理人」良かった »

コメント

俺の感想はほぼ既出だったようだ

「感染列島」お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法
http://otanocinema.cocolog-nifty.com/blog/2009/02/post-dab1.html

投稿: ex2channeler | 2013年1月31日 (木) 01時42分

この映画は2時間半ぐらいの映画ですが、放送時間から考えて50分ぐらいカットされてますから、よけい繋がりがブツ切れになってましたね。映画では檀れいの血清療法は大きな成果をあげているのですよね。

投稿: ジロー | 2013年1月31日 (木) 18時29分

そういう影響もあるのか
でもテレビでノーカットでやることはなさそうだな

投稿: ex2channeler | 2013年2月 1日 (金) 22時28分

前田有一がどれだけボロクソに書いてるかを見てすっきりしようかと思ったら75点もつけてやがる。
http://movie.maeda-y.com/movie/01227.htm
でも映画のことはあまり書いてなくて、「パンデミックは怖い」ってことが半分ぐらい書いてある。
TBSから金もらってるんじゃないのか?

うたまるのシネマハスラーでも取り上げてない。あの番組はTBSだからな。

投稿: ex2channeler | 2013年2月 1日 (金) 22時33分

出演者の名前くらい、正しく変換しろよ。評論家気取りが余計に痛々しいww

投稿: 。 | 2014年2月19日 (水) 23時41分

批評するなら馬鹿でも出来るの好例。

投稿: | 2016年5月20日 (金) 15時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/516062/49065112

この記事へのトラックバック一覧です: 「感染列島」は見てて恥ずかくて居ても立ってもいられない:

« 橋下の入試中止に対する胸のすく書き込み | トップページ | 「南極料理人」良かった »