« 2012年8月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年10月

2012年10月16日 (火)

GK川島、腕4本に合成…仏TV「原発影響か」

リンク: GK川島、腕4本に合成…仏TV「原発影響か」 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞).

 【パリ=三井美奈】仏国営テレビ「フランス2」の娯楽番組で、サッカー日本代表が仏代表に勝利した12日の親善試合で活躍したGK川島永嗣選手の腕が4本になっている合成写真を、「福島第一原発事故の影響か」と揶揄(やゆ)するコメントを添えて放送した。

 在仏日本大使館は16日、同テレビに文書で抗議を行った。

 この番組は13日に放送された。司会者が時事ニュースをパロディーを交えて紹介する週末の人気番組で、合成写真が映るとスタジオ内では笑いが漏れていた。

 大使館は文書で「不適切な表現で、被災者の心情を傷つけ、風評被害を広げる。強く抗議する」とした。フランス2の広報担当者は16日、「対応を検討中」と述べた。

(2012年10月16日19時41分  読売新聞)

そんな目くじら立てるような話じゃないと思うがな。日本の中には原発事故の被害者もいるが、トータルでみれば日本はヘマをして放射能を海とかに撒き散らしちゃった加害者でもあるわけで、このくらい言われたって仕方ない面もある。 イスラムにおけるマホメットと同じで、日本においては「被災者」というのが錦の御旗になっちゃってる気がする。 何かというと被災者を出汁に誰かを責める。それも、被災者当人が、というよりも、外野の人間が勝手に被災者の気持ちを忖度して、同情するのが当然で、しないやつは悪い、みたいな雰囲気を作り出している。 学校のホームルームで優等生の女子が「○○ちゃんが可愛そうでしょ!」と男子を責めてるような感じ。日本が世界的にそういうイメージになってしまいそうだ。 ちょっとしたことでも傷ついて相手を責めるというピリピリしたイメージ。 でも同情するかどうかはその人の勝手だろう。フランス人に「何が悪いんだ?」と理詰めで問い返されたら何もいえないと思う。 こっちが「もっと気を遣ってくれ」と要求する権利はない。それに、日本国内にも庭山由紀みたいなのもいて、政府はこいつにはなんにも抗議してないんだから、フランスの人に文句言えないんじゃないか?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年10月11日 (木)

尖閣、中国の領有権主張は70年代から…外相

リンク: 尖閣、中国の領有権主張は70年代から…外相 : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞).

玄葉外相は10日の記者会見で、尖閣諸島(沖縄県石垣市)について「中国が領有権の主張を始めたのは1970年代に入ってからだ。60年に中国で発行された地図には日本の領土であると書いている」と述べ、中国の領有権主張に反論した。 1960年に中国で発行された「世界地図集」には、「尖閣群島」「魚釣島」の名称が記載されており、外務省は「中国が尖閣諸島を日本領として認識していたことを裏付けるものだ」としている。

(2012年10月10日23時35分  読売新聞)
日本の主張は、「中国は尖閣付近に地下資源があると分かった1969年以降から領有権を言いだした」というものだが、これは違うんじゃないか?1972年まではアメリカの土地だったわけで、アメリカから日本に返されるタイミングで文句を言い出したのではないかと思うんだが。それまでは日本に対して文句言う筋合いじゃないんだから。 あと、中国としては「日本は戦争で負けたくせに、もともと持ってた領土は全部取り返すってどういうこと?」という気持ちもあるだろう。「尖閣ぐらいは譲れよ」と。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2013年1月 »