« 2012年5月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月26日 (木)

関電社長「次は高浜」に枝野経産相が「大変不快な発言だ」

リンク: 関電社長「次は高浜」に枝野経産相が「大変不快な発言だ」:社会:スポーツ報知.

関西電力の八木誠社長は25日、フル稼働に達した大飯原発4号機(福井県おおい町)の次に再稼働させる原発について「高浜3、4号機が最有力と考えている。優先的に再稼働させる方向で国と調整したい」と述べ、さらなる再稼働に強い意欲を示した。

 これに対し枝野幸男経済産業相は25日、「大変不快な発言だ」と厳しく批判。「しっかり安全性をチェックすることなしに、再稼働はあり得ない」と述べ、政府が9月発足を目指している原子力規制委員会の判断が重要だと強調した。

 関電は、大飯原発3、4号機を含め8つの原発の安全評価(ストレステスト)の1次評価結果を経済産業省原子力安全・保安院に提出している。

 おおい町で25日午前に取材に応じた八木社長は「電力需給ではなく、わが国のエネルギーセキュリティーを考え、安全性を確認できたプラントはできるだけ早く動かしていきたい」と強調。出力規模などから次の再稼働は高浜3、4号機が有力と判断したとみられる。

 枝野氏は「発電事業者としては見守るのが今の姿勢だ」と話し、規制委の独立性を尊重するようくぎを刺した。規制委ができる前に再稼働の手続きを進めるのは「事実上困難だ」と、あらためて強調した。

枝野は権力を握って勘違いしてるし、原発=悪 電力会社=悪だと思い込んでいる市民運動家と同じメンタリティだ。こんなやつは経済産業大臣としては失格だ。

そもそも枝野の親分だった菅が、法的根拠とか全く関係なく思いつきでストレステストを言い出した。当初はストレステストへの合格は再稼動の条件ではなかった。後に「一次的なストレステストで再稼働はOKだが、本格的なストレステストで問題が発覚した場合には原発を停止させる」という指針がだされた。http://ja.wikipedia.org/wiki/ストレステスト つまり、稼働は基本的に認めるが、それと並行してストレステストを行うという形だった。 思いつきではあったが、それでも一応の指針は決まり、各電力会社はストレステストの作業を進めていた。ストレステストの進捗状況  大飯原発の再稼動もその指針に従って行われたものである。 本来ならば一次ストレステストが終った四国電力の伊方原発の再稼動も決定されるべきだし、他の原発のストレステストも速やかに進めていくべきだ。ストレステストが始まって以降、1年でわずか2基しか再稼動が認められていないと言うのは遅すぎる。50基だと25年かかるのか。

原子力規制委員会なるものは、4月に発足するはずだったのが、政治の停滞によって6月に法律が制定されて、出来るのは9月1日だということになった。 しかしメンバーの発表でさえ揉めていて、ちゃんと発足するかどうかもわからない。それが正式に出来るまで、ストレステストの作業は中断するとでも言うのか。 電力会社は原発が動かせないせいで毎日膨大な赤字を出している。 電力会社としては原発再稼動を進めたいという希望を持つのは当然のことだろう。それを権力者である枝野が平気で「不愉快だから我慢しろ」と言い張れると言うのは勘違いしてるとしか思えない。 王様のつもりか。 規制庁が出来るのが遅れたのは自分達政治家の責任だってことが分かってるのか。今後発足する原子力規制委員会は、独自の考えで進めていくだろうから、今までのストレステストはチャラになる可能性だってある。 枝野は、そういう肝心のところはうやむやにしといて、「この際、電力会社が我慢して、おとなしくしてろ」みたいな言いようだ。枝野にとっては1ヶ月ちょっとなんてたいした時間じゃないんだろうし、だから今まで遅々としてストレステストは進んでこなかったが、毎日毎日膨大な赤字を出している電力会社にとっては大変な時間だ。 そういうことが分かってない、金と時間の感覚がないやつが経済産業大臣をやってるというのはおかしい。 

枝野は自分の人気のことしか考えてないし、それほど先が長くない自分の任期中に原発再稼動をするのは自分の人気が落ちるから困る、ぐらいにしか考えてないんじゃないのか。 だから電力会社の正当な希望に対して「俺の人気が落ちるから黙っとけ」と思ってるんじゃないのか。 野田さんは声のでかい困ったやつを取り込んで利用するのが上手いが、変なのを経済産業大臣にしちゃったもんだなぁ。 こいつは自分が経済の振興を進めていく立場で、原発の再稼動を進めて行く立場だと分かってない。つまり、今の世間の風潮だと悪者になるべき立場だとわかっていない。枝野はただ、マスコミや大衆に受けることを言いたいだけのようにしか見えない。

関電の社長は原発を勝手に動かすと言ったわけじゃない。国と相談して動かしたいと言っただけだ。 そう言う意見を表明することにすら枝野は「不愉快だ」と言い放った。つまり「黙れ」と。完全に言論弾圧じゃないか。国民参加の原発比率のヒアリングに電力会社の社員の意見表明を「自粛」させてるのと同じ。 電力会社とその社員は非国民扱いらしい。

民主党はこれまで政治主導をアピールしてきたが、こういうワイドショーのコメンテーターレベルのやつが主導するくらいなら官僚主導のほうがマシだ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2012年7月14日 (土)

反原発デモ

草の根活動から始まったいい感じのデモのつもりらしいが、かまってちゃんのクレーマーたちが「自分達が怒ってるんだから誰かが何とかしろ」と丸投げしてるようにしか見えない。もしどうしても原発を止めたいんだったら、正式なプロセスはある。日本は民主制なんだから、選挙で反原発の議員が過半数を占めるようにして自分達の意志を通せばいい。あるいは電力会社の株の過半数を買い占めて、会社をコントロールすることだって出来る。今は5兆円もあればそうすることは出来るから、反対者が1000万人いたら、ひとり50万円出せば可能だし、反対者が5000万人もいたらひとり10万円で可能だ。また、電力会社が原発を動かしたがってるのは火力の燃料費が高いのが原因だから、その分を自分達が負担すると言えば原発を動かさなくてもよくなる。そういうことをしないで、自分達は文句を言うだけで、何の負担もせずに自分達の意志を通そうと言うのは虫が良すぎる。こいつらは、すべてを電力会社に負担させて自分達の意志を通そうとしている。

署名活動も同様だ。なんでお前らの意見を尊重しなきゃならないんだ、と思う。自分達の意志を通したかったら正式なルートを使ってやれ、と。

これがストだったら話は別だ。「これ以下の労働条件では働かない」という、正当な条件交渉なわけで、条件面でどうしても折り合わないのだったら自分からやめるか経営者はクビにすればいい。でも、「いい感じの穏やかなデモ」というのはしゃらくさくてムカツク。自分達は善人で、正義で、巨悪は別にいて、それに立ち向かってる、と思ってるであろうその意識が気に入らない。どうせ、綿とか麻のゆったりした服を着て、ヘアバンドなんかもして、髭なんかも生やして、いかにもエコな感じの、ロハスな感じの雰囲気をかもし出してるんだろう。で、「原発なんか要らない」と叫ぶ。 そらオマエラは気取ってロハスやってればいいのかも知れんが、安い電気が欲しい人たちはどうすりゃいいんだよ。お前らが要らなきゃみんな要らないってことになるのかよ。テメーラは優雅にオーガニック野菜でも食ってのどかに田舎暮らししていけるのかも知れんが皆が皆そうできるわけじゃないぞ。少しは他の人のことも考えろ。電気使いまくって、製品作りまくって売ってかないとやってけない人や企業はたくさんある。

こいつらの、自分の気持ちだけが大事で他人に対する気遣いのなさに腹が立つ。原発がたとえどんなにひどいものだったとしても、それをやめさすというならその後のことはちゃんと考えてやらないといかんだろうが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月13日 (金)

三宅雪子の予算委員会での質問がひどい

 【衆議院予算委員会】三宅雪子議員質問「シロアリ演説とドジョウ演説、どっちが良い演説か?」野田「その場その場で」

まず、最初のいい子ぶった九州の大雨に対する見舞いのコメント。 予算とは全く関係ない。それから酔っ払ってるのかと思うほどろれつが回っていない。シュラリ、シュラリ、と繰り返すので何かと思えばシロアリのことだった。ろれつだけじゃなく口調も幼稚でバカな女子高生かと思うほどだ。

もちろん質問内容もひどい。どうやら三宅としては野田総理の変節を、演説の優劣を言う事によって指摘するつもりだったようだが、野田総理に「演説に優劣などない」とあっさりかわされる。そもそも「どちらの演説が好きか」なんて馬鹿馬鹿しい質問に答えるのもあほらしい。

次に、反原発デモに関しても、参加者がどんどん増えているのをどう収束させるのかと質問するが、これも「国民が声を上げることをやめさせることは出来ない、これからも理解を得られるよう説明していく」と真っ当に答えられておしまい。

最後に、民主党の参議院議員総会から野田総理が中座したことに関してつっこむも、これも党内の話であって党を辞めたやつがとやかく言うべきことじゃなかった。

野田総理に対してした質問はすべて、「なんとなくいけないんじゃないの?」レベルの話で、予算とは全く関係ない。

三宅は後にツイッターで

> 三宅雪子 @miyake_yukiko35
> 「きづな」の議員から、野田総理が離党者に対して、かなり、答弁が酷い(誠意がない)とは聞いていたが、もろ実感。何10回も話にでた「シロアリ演説」も忘れたふり。唖然。

などと書いているが、ひどいのはテメーの質問のほうだろう。野田総理は三宅のおかしな質問に対しても、TVで傍聴しているであろう国民へのメッセージをこめてなるべく意味のあるように答えていた。 三宅みたいなのが国会議員をやっているということにもあきれるが、こんなやつに、こんな質問を許している「国民の生活が第一党」のレベルの低さにもあきれる。ただ、国民にはバカもいるわけで、そういうやつのための代議士も必要なのかもしれん。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年7月12日 (木)

橋下市長、急に「野田首相すごい」…連携視野?

リンク: 橋下市長、急に「野田首相すごい」…連携視野? : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞).

 地域政党・大阪維新の会代表の橋下徹大阪市長は10日、市役所で記者団に対し、野田首相について、「民主党の支持率は急回復すると思う。野田首相はすごい。集団的自衛権についてこれから議論し、TPP(環太平洋経済連携協定)に参加表明するとか、当初言っていたことを着実に進め、確実に『決める政治』をしている」と高く評価した。

 さらに、「野田首相の考えに近い民主、自民(の議員)が集まると、ものすごく力強い政権運営になる」とも述べた。

 橋下氏はこれまで、消費増税や原発再稼働などを巡って野田政権を批判していた。その姿勢を一転させたこの日の発言について、民主党との連携も視野に入れ始めたのではないかとの受け止めも出ている。

(2012年7月11日07時36分  読売新聞)

そりゃ野田さんは今までの総理大臣たちとは違って、口は立つし、腹はすわってるし、理屈は言えるしで、出来るリーダーと言える。俺も最近の政治家の中では最高の人だと思うし、橋下の言ってる野田さん評には同感なのだが、今まで散々野田政権を批判してきた橋下が、野田さんがなんにも変わらないのに急に野田さんに摺り寄っていくのはおかしいとしか思えない。つい最近まで橋下は、「マニフェストにこだわる小沢のほうが正当だ」などと言っていたはずだ。

おそらく橋下は、野田さんが出来る人だと感じて自然な気持ちで擦り寄って行ったんだろう。 子供の頃から力のあるやつに取り入ろうとしてきたという橋下にとってはごく自然な行動なのだろうが、こういう信念のない、目先の得を追って態度を急変させるようなやつはとても信じられない。 君子は豹変すとは言うが、それならばまず自分の誤りを認めるべきだが橋下はそういうことはしていない。 野田さんには是非、橋下からのアプローチをやんわりしりぞけて欲しいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月11日 (水)

橋下氏「辞めてからやれ」民営化反対チラシ配布

リンク: 橋下氏「辞めてからやれ」民営化反対チラシ配布 : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞).

 大阪市の橋下徹市長は10日、市環境局の現業職員の労働組合がごみ収集の民営化方針に反対するチラシを市内各戸に配布していたことを報道陣に明らかにした。

 その上で「組織内で議論すべき話。組合員に配るなら理解できるが、市民をたきつけてどうするのか。市の方針を市民に違うと言いたいなら、組織を辞めてやればいい」と批判し、対応策を検討する意向を示した。

 チラシは、市従業員労働組合(市従)環境事業支部と自治労大阪府本部が今月上旬、ポスティング業者に依頼して120万枚を配布。「(民営化で)市民と築いたセーフティーネットが危ぶまれている」などと指摘していた。

 市従幹部は「自分たちの仕事を周知するために配った」と話している。

(2012年7月11日09時26分  読売新聞)

自分を棚に上げて、よくもこういう勝手なことがいえたもんだ。自分はマスコミやツイッターを通じて市民を扇動しまくってるくせに、自分以外がやると批判する。こういうダブスタを当たり前だと思ってるのが信じられないし、橋下を信頼できないのはこういうとこだ。それに、「辞めてから言え」というのもむちゃくちゃな話だ。労働組合の要求の正当性を市民に訴えるのに、その仕事をやめなきゃならないとなると、市民に訴える意味がない。結局、他人が自分とおなじことをやるのは許さないが、俺はやる、とにかく俺の言うことに黙って従え、ということでしかないじゃないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梅ちゃん先生見てると堀北真希が嫌いになる

そもそもドジっ子が医者やるってのが嫌な感じだった。医療ミスして「テヘっ」ではスマンだろうと。それでも医専に合格するとこまでは楽しく見ることが出来た。そこまでは普通の頑張る受験生の話として見れた。でも、医専に合格した後の順風満帆ぶり、脇役の扱いの適当さ、などにうんざりしてきた。医専という2流医科大学を卒業したのに、インターンで東大病院に行けるだけでもありえない感じなのに、正式にそこに就職できて、その上弥生さんまで一緒に行けているという変さ。医専をやっと卒業できたという設定なのに、そこで当たり前のように論文を書いてその論文の内容が認められてるというおかしさ。それに、朴訥だが優秀な彼氏が出来て、3年ぶりに偶然の再会する場が同じ東大病院の医局であるという変さ。それも父親が長をしている医局で。父親との会話で、松岡が自分の医局にはいったという話ぐらいするのが普通だと思うのだが。

取ってつけたような松子の失恋と、取ってつけたような竹雄の悲恋。取ってつけたような木村文乃とのラブコメの予感とやっつけの松子の結婚。父親の脳卒中さえ笑える話として扱ってるし、ギランバレー症候群にかかった女の子もちっともめげず、梅子のために協力しようと父親に詰め寄る。梅子に淡い思いを寄せていた信雄も、梅子の彼氏が松岡に確定した途端にそれほど可愛くない彼女が出来て満足していて、それでも彼の中では梅子のほうが大事な存在であるようである。梅子が昇進のオファーを蹴って独立するために医局を辞める時に、盛大な送別会を広げてもらえて、「困った時にはいつでも相談にきなさい」などと暖かい言葉をかけてもらえるのもありえない。

あらゆる人が梅子のために動いていて、すべてのいいことは梅子のおかげで起きていて、要らない脇役は取ってつけたようなエピソードを与えられて舞台から退去させられる。 そういう恵まれた状況に、梅子は「ありがとう~」と子供っぽい鼻にかかった声で感謝する。このえこひいきぶりを見てると堀北真希自身がえこひいきされてるように見えて嫌になる。昭和30年代という希望のある時代に素朴な女の子の役をする堀北は、三丁目の夕日での堀北を見て適役だと思ったし、期待していたのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年8月 »