« 2012年4月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年5月

2012年5月22日 (火)

自民・伊吹氏、国会内の「首相優先」に激高

リンク: 自民・伊吹氏、国会内の「首相優先」に激高 : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞).

 自民党は22日の衆院議院運営委員会理事会で、国会内における野田首相の警護態勢について見直しを求めた。

 関係者によると、国会の衛視が21日の衆院社会保障・税一体改革特別委員会終了後、首相の通行を優先させるため、居合わせた自民党筆頭理事の伊吹文明元幹事長を制止し、伊吹氏が「国会内は議員優先だ」と激高した。首相はその場で「すみません」と陳謝したが、自民党側は納得しなかった。

 小平忠正委員長(民主)は「首相の身辺警護は当然だが、議員の通行を妨害することもあるので、改善も含めて円満にいくよう藤村官房長官に伝える」と述べた。

(2012年5月22日18時46分  読売新聞)


何なんだこの意地悪爺さんは。 一議員と首相なら、首相優先でいいだろ。単に悪口言ってりゃいい野党議員と総理大臣じゃ忙しさが違うんだから。 やっぱり国会議員は、偉そうにしたいやつがなるんだな。ちょっとでも自分の扱いが悪いのは我慢が出来ないらしい。

まあこの記事自体、読売が伊吹を叩かせるために撒いたエサかも知れんが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金環日食、東京でも観測 - 科学

リンク: 朝日新聞デジタル:金環日食、東京でも観測 - 科学.

月が太陽に重なり、リングのように見える金環日食が21日朝、日本で観測された。1987年9月の沖縄以来25年ぶり。東京都中央区築地では午後7時半すぎ、指輪状になった太陽を眺めた人たちから歓声が上がった。今回のように国内の広範囲で見られる次の機会は300年後。

盛り上がってたから見たけどそれほどでもなかった。太陽はまだまだまぶしかった。でもさすがにあたりはすこし暗くなるんだな。 俺としては、「日本中を雲が覆ってみんなガッカリ」ってのが面白いんじゃないかと思っていた。 日食グラス買えなかったし。

自然現象としては、すごい夕焼けとか、虹とか、かみなりとか、物凄い黒い雲とかよりは落ちる。でも、日食だからってSMAPがビルの屋上で歌を歌ってたのには笑った。本人達も「何で俺たちが」と思ったんじゃなかろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月20日 (日)

ふがいない上位陣、メンツ丸つぶれ…大相撲

リンク: ふがいない上位陣、メンツ丸つぶれ…大相撲 : 大相撲 : スポーツ : YOMIURI ONLINE(読売新聞).

幕内最高優勝を争う決定戦の舞台に、1横綱6大関の誰も上がることができなかった。


 旭天鵬の涙の優勝が感動を呼んだのは間違いないが、豪華番付に名を連ねた上位陣のメンツが丸つぶれの場所ともなった。

 1差で6人がひしめき、史上まれに見る混戦で迎えた千秋楽。期待に水を差したのが、栃煌山との対戦が組まれた琴欧洲のまさかの休場だった。取組前に白鵬ら4敗勢の優勝の可能性が消えただけでなく、旭天鵬が本割で負けていたら、栃煌山が相撲を取らずに賜杯を手にする異例の展開になる可能性すらあった。

 不戦勝ちが告げられた館内では観客のブーイングがすさまじく、北の湖理事長(元横綱)も「大事な千秋楽、相手(栃煌山)には優勝がかかっているのに大変申し訳ない」と頭を下げた。師匠の佐渡ヶ嶽親方(元関脇琴ノ若)によると、松葉づえがなければ歩けない状態という。だが、大関は相撲界の看板であり、土俵の屋台骨を支える立場。自覚の欠如と指摘されても仕方がない。

 優勝の目が消えた白鵬も、雑な相撲で結果的に日馬富士の勝ち越しを助けてしまうようでは、最強を誇った横綱の名が泣く。来場所、汚名返上ができないようなら横綱、大関の看板は倒れてしまう。(上村邦之)

(2012年5月20日22時06分  読売新聞)

> 師匠の佐渡ヶ嶽親方(元関脇琴ノ若)によると、松葉づえがなければ歩けない状態という。だが、大関は相撲界の看板であり、土俵の屋台骨を支える立場。自覚の欠如と指摘されても仕方がない。

>  優勝の目が消えた白鵬も、雑な相撲で結果的に日馬富士の勝ち越しを助けてしまうようでは、最強を誇った横綱の名が泣く。来場所、汚名返上ができないようなら横綱、大関の看板は倒れてしまう。(上村邦之)

この記者めちゃくちゃ言ってやがるな。 松葉づえつかないと歩けないような怪我をしてるのに相撲とれって言うのかよ。自覚の欠如だと? 自覚すりゃ怪我が治るのか。それとも怪我をおして出ろって言ってるのか。 歩けないような怪我をしてるのに必死で取るのを見れれば客は面白いのかもしれないが、相撲取りのこともちょっとは考えろよ。貴乃花はそれでひざを完全に壊して1年以上も休場したんじゃないか。 それとなんだ? 日馬富士に負けたから横綱の名が泣くだと? あのグルグル回る面白い相撲見せてもらって良く文句言えたもんだな。 相撲なんて勝つときがあれば負ける時もあるだろ。なんでテメーの思い通りに勝ち星があがらなきゃいかんのだ。全くマスコミってやつは何でも自分が指図できると思ってやがる。 以前、読売の社説で中国に意見してるの見てワロタわ。中国政府の高官は読売なんて読んでないんだからただのオナニーでしかない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

凡人が数学を語学として学ぶ具体的な手続きを説明する/図書館となら、できること番外編 読書猿Classic: between / beyond readers

リンク: 凡人が数学を語学として学ぶ具体的な手続きを説明する/図書館となら、できること番外編 読書猿Classic: between / beyond readers.

この人もすごそうだ。プロフィールが不明なとこもなぞめいててよりそれらしい。この人の読んだ本を読むどころか、このブログを読むだけでも大変そうだ。このエントリ以外にも勉強関係のエントリがたくさんある。よっぽど勉強が好きなんだろうな。ブックマークされてる数もハンパない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月16日 (水)

大阪市バス運転手ら入れ墨13人…消すか退職か : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

リンク: 大阪市バス運転手ら入れ墨13人…消すか退職か : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞).

 橋下徹大阪市長の指示で市が全職員を対象に行っている入れ墨調査で、市営地下鉄の運転士や駅員、バス運転手ら13人が「入れ墨をしている」と回答していることがわかった。

 市交通局は入れ墨を消さない場合、依願退職を促す方針だ。建設局でも数人が入れ墨をしていることが判明、環境局の約50人と合わせて市全体で少なくとも70人規模に膨らんだ。

 交通局が地下鉄・バス事業の全職員約6500人にアンケートで入れ墨の有無を尋ねたところ、男性職員13人が肩や太ももなどに入れ墨をしていると答えた。若手が中心で、入庁後に入れたとする職員もいた。
 交通局は「運転士などの現業職が、市民と接触しない別の業務に就くのは難しい」として、入れ墨を消すか、依願退職するかのどちらかを求める。

(2012年5月16日07時17分  読売新聞)

見えないとこなら別にいいだろ。見せてはならないというルールなら分かるが、何で消すまでしないといけないんだ。法律的にも根拠はないんじゃないのか? それにしても橋下の言いなりで動く交通局の幹部はいったいなんなんだろうな。もともと交通局にいた人間なのか、それとも橋下の肝いりで外部から送り込まれた人間なのか。前者だとすると、橋下がいなくなったあと、裏切り者として相当立場が悪くなりそうだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年7月 »