« 2011年10月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月30日 (月)

被害者の連絡先を加害者に教えるのは普通のことではないのか

リンク: 京都府警、被害者連絡先を加害少年の父に教える : ニュース : 関西発 : YOMIURI ONLINE(読売新聞).

死亡女性の携帯番号教えた教頭、謝罪…亀岡事故

なんかやたら批判されてるんだが、そこまで批判される理由がわからん。 遺族が感情的になるのはわからんでもない。 加害者からの通話履歴が、死者の分身とも思えるような携帯電話に残るのが気に入らないのだろう。 だけど、加害者の家族が被害者の家族に連絡して、謝ったり今後の賠償について話し合うことは必要なことだと思うんだが。 この事件の場合は間違って亡くなった被害者本人の携帯電話にかかってしまったという不手際はあったが、基本的に連絡は必要なんじゃないのか? そりゃ手紙にしろ、だのもう少しタイミングを待って落ち着いてからにしろ、だのはあるだろうがそれもひとそれぞれで、早く連絡しないと「何ですぐに謝りに来ないんだ」、と怒る遺族だっているんじゃないのか。

遺族は何をしても怒るだけだろうし、その気持ちは分かるが、関係のない連中まで一緒になって、連絡先を教えた警察だの教頭だのを叩いて、謝罪させるってのはおかしいと思う。 2ちゃんねるなんかでも、「教えるなんてありえない、被害者家族を脅させるつもりか」 なんて書いてるやつがいるけど、遅かれ早かれやり取りしなきゃならないんじゃないのか?  いまさら個人情報を保護するとか言ってる場合じゃないだろ、これからお互い修羅場を迎えることになるんだから。 それに一応これは交通事故なのであって、故意の犯罪ではないとされているんだし。 それとも、弁護士に頼めばお互い一切顔を合わせずに問題を解決することができるんだろうか。

それになによりマスコミが批判してるのがおかしい。 被害者宅に押しかけたり、顔写真をテレビやラジオで報道したり、近所の人に根掘り葉掘り聞くわで、被害者のプライバシーを侵しまくってる連中が、なんで今回のことを批判できるの? あんたらそういう個人情報を大々的に広めてるんじゃないのか。

続きを読む "被害者の連絡先を加害者に教えるのは普通のことではないのか"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

橋下徹が小林よしのりと中野剛志に吼えている理由

リンク: 橋下徹、小林よしのりと中野剛志に吼える - Togetter.

橋下が、中野と小林にしつこくからんでいる理由が分かった。 この小林のコメント読んだら。

橋下市長のツイッターの件を導入に・・・! - ゴー宣ネット道場.

 SAPIOでやたら橋下を持ち上げる特集をしているが、その中で唯一小林と中野が批判的な対談記事を載せていたからだった。

http://www.zassi.net/detail.cgi?gouno=31371

【SIMULATION REPORT】原発再稼動NOで野田民主党と全面対決! 橋下首相なら日本をこう変える

・学校教育 政治活動にひた走る教師たちに法改正でメス! 日教組の「偏向教育」と「学校支配」を叩き潰す/義家弘介
・憲法 憲法改正に立ちはだかる巨大な壁を打破し日本は戦後初めて主権を回復する/遠藤浩一
・対中外交 是々非々で「NO」と言うべき時には言うスタイルなら尖閣事件の中国人船長を帰国させない/金美齢
・経済政策 個人の自立と小さな政府を掲げる「ハシノミクス」が年金機構を解体し、年金破綻を止める/池田信夫
・歴史教育 靖国神社に首相参拝し、教科書から「南京大虐殺」の記述が消え、アジア解放に光を当てる/八木秀次
・官僚天国 まず補助金5兆円カット! 次に「豪華官舎」、「高額年金」ほか 働かない役人の特権が廃止される/若林亜紀
・徹底討論 小林よしのり×中野剛志「橋下徹の愛国度」を仕分けする
・各国比較分析 世界は橋下徹をこう報じている
・エール 鄧小平もマハティールも「特区」から国を変えた 橋下市長は10年かけて日本を変える覚悟を持て/大前研一
・千里眼 原発推進の財界沈黙の裏に橋下「人たらし術」/須田慎一郎
・一目瞭然 これは「既得権派」と「リセット派」の戦いだ! 敵味方入り乱れる橋下徹「政官財バトル相関図」
・思想解剖 「維新」という大げさな看板はあるが新自由主義の拡大であり「ファッショ化」の危険はない/佐藤優
・知日派の目 橋下徹が「ガス抜きメシア」にならない方法は、官僚を使いこなす小沢一郎に教えを乞うことだ/カレル・ヴァン・ウォルフレン
・歴史的考察 日本史上4度目の、すべてを破壊して新秩序を構築する「英雄の出現」がこの国に待たれている/井沢元彦
・歴史のレッスン なぜサッチャーは英国を再生できたか――今、必要なのは「橋下人気」を捨て去る覚悟だ/落合信彦
・首相待望論 大阪から首相、エエやないか、何も分かってへんハシズム批判なんて気にせず信念貫け/桂ざこば

・現場報告 「特別顧問」が内側から見た橋下改革。君が代「口元チェック」騒動の校長は濡れ衣だった!/原英史

おそらく、気分よく自分が総理大臣になったつもりで読んでいるときに、批判されて冷や水をぶっ掛けられた気分になってるんだろう。

それにしても、対談の中で中野が橋下の名前を出す時に敬称をつけなかったからって、「中野剛志もしょうもない思い上がり識者だったか。残念だ。だいたい、年下のくせに面識のない俺を呼び捨てにすんじぇねえよ。」はないわ。思い上がってるのはテメー自身じゃないのか。面と向かって呼び捨てにしたわけでもなく、ただ単に批評の対象として名指しされてるときに、呼び捨てだの年下だの年上だのにこだわるのがおかしい。

自分もかつてtwitterで中野を呼び捨てにしてるのに。

http://blogos.com/article/32241/

北海道大学の現場を知らず、現実の政治行政には何の役にも立たない教授グループとは違い、官僚として仕事をしそして研究もしている中野剛志の主張は具体的である。TPPについて、そして経済政策について僕とは全く考えが異なりそうだ。僕は学者じゃないから知識論争をするつもりはない。

こういうふうに偉そうにしたいそぶりも見えるのに、小沢だの小泉だのシンスケだのにはヘイコラする。池田信夫や茂木健一郎といった手合いにも、褒められると摺り寄る。

こういう、ジャイアンとスネ夫の両方の資質を持ったやつが権力者やってるのは恐怖だ。 こいつ自身よりも、こいつを支持している民衆が恐ろしい。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2012年4月 7日 (土)

橋下が民主党の「マニフェスト違反」に関してtwitterで吠えてるけど

民主党マニフェストについて橋下大阪市長のツイッター

http://togetter.com/li/284265

民主党マニフェストについて橋下大阪市長のツイッター2

http://togetter.com/li/284275

橋下がツイッターで民主党の「マニフェスト違反」に関して吠えているが、あいつの言ってることはおかしい。民主党のマニフェストには「消費税増税しない」などと一言も書いていない。当時の代表だった鳩山が口頭で言ったのは、「今後4年間のうちに消費税を上げることはしない」ということだけだ。野田首相が言っている2014年からの消費税値上げならば、その口約束にも違反していない。

橋下はマニフェストをちゃんと読んでもいないくせに相手をマニフェスト違反だと糾弾してるのはおかしいんじゃないのか? なんで誰もそう言わないのか不思議だ。
ありもしないネタで相手を責めるのは維新の会の芸風だな。

続きを読む "橋下が民主党の「マニフェスト違反」に関してtwitterで吠えてるけど"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2012年5月 »