ニュース 2011上期

2011年3月 5日 (土)

前原氏の献金問題、進退に発展か…外国人と認識 : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

リンク: 前原氏の献金問題、進退に発展か…外国人と認識 : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞).

 前原外相は4日の参院予算委員会で、政治資金規正法で禁じられている外国人からの政治献金を受け取っていたことを明らかにした。

 前原氏は「返金し、政治資金収支報告書を訂正する」と述べるとともに、全容を調査する考えを示した。野党は辞任を要求する構えで、進退問題に発展する可能性も出てきた。公明党の山口代表は同日、「しかるべき責任が問われる。菅首相の任命責任も問われることになる」と述べた。

 自民党の西田昌司氏の質問に答えた。西田氏は前原氏に対し、「京都市内で飲食店を経営している在日外国人から、少なくとも過去4年間で毎年5万円ずつ、20万円の献金を受けていたのではないか」と指摘した。献金をしていたのは在日韓国人の女性。前原氏は答弁で「(献金者は)在日の方だ」と述べ、在日外国人と認識していたことを認めた。

(2011年3月4日23時04分  読売新聞)

くだらない。たかが20万じゃないか。本人は知らなかったんだし。たかが20万を、違法だと分かっててこっそり故意に受け取るようなリスクを犯すわけないだろ。西田昌司ってやつのやっていることはヤクザのいいがかりと同じだ。公民権停止なんて脅迫じゃないか。こいつがくだらないことでがたがた騒ぐことによって、もっと意味のある議論が出来なくなって、国益が損なわれた額は20万円なんてもんじゃないだろう。これで前原さんが辞任してまた新しい外務大臣に切り替わったときのオーバーヘッドだって20万円なんてもんじゃないはずだ。こんな無駄づかいばかりする国会議員のほうが、過失で外国人から献金を受け取った大臣よりよっぽど国にとっては害だわ。

正直、民主党より自民党の方がマシだと思っていたが、いまの野党としての自民党のくだらない言いがかりの仕方を見ると、同じくらいダメだと思う。小泉によって、ほんとに自民党は壊れてしまったな。

テレビやワイドショー受けばかり考えない、もっとまともな政治家はいないもんだろうか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年2月19日 (土)

エジプトの革命を喜んでるけど

フェイスブックを使ったりして市民が草の根から動いて革命を果たしたというので良いこととして報道されてるけど、ほんとにそうだろうか。

マスコミはとにかく騒動があれば自分の仕事になるから大喜びでマンセーしてるんじゃないのか? マスコミにいる人間にとって夢のような状況は、一つは戦場レポートであって、もう一つは革命の場面を暴徒をバックに実況することだろう。

民衆が勢いで何かをぶっ壊して、後始末は誰かがやってくれるだろうなんてことで上手くいくとは思えない。日本も政権交代であんだけ盛り上がって結局はこの体たらくなわけで。

ムバラクさんが9月に引退するって言ってたんだから、そうやってルールどおりに進めていれば、政権交代の正当性を言えただろうに。エジプトは腐敗があったというけどそれで被害を受けたのは非主流派のエリートだけで、一般国民にとってはあんまり関係なかったんじゃないかと思う。フェイスブック使ってたって話でも想像されるけど、結局はエリートの権力闘争に過ぎない気がする。

こんな風にして、すべての国が民主主義になればいいとはさらさら思えない。強権を持って独裁することによってのみ安定してる国だってあるんじゃないか? 民主主義になれば、マスコミが大衆を煽動しやすくなるってだけじゃないのか? はっきり言って、民衆の判断があまり信用できない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)