« 2010年11月 | トップページ | 2011年2月 »

2010年12月

2010年12月 1日 (水)

新語・流行語大賞は「ゲゲゲの~」 - 文化

リンク: asahi.com(朝日新聞社):新語・流行語大賞は「ゲゲゲの~」 - 文化.

2010年12月1日20時27分

 今年の世相を映した言葉を選ぶ「2010ユーキャン新語・流行語大賞」(「現代用語の基礎知識」選)が1日、発表された。大賞には「ゲゲゲの~」が選ばれ、「ゲゲゲの女房」の著者、武良布枝さんが受賞した。選考委員特別賞には、早稲田大学野球部主将として活躍した斎藤佑樹さんの言葉が選ばれた。

 武良さんは東京都内で開かれた表彰式で、「思いがけないことで本を書き、ドラマになって、夢の中を漂うような気持ちで現在に至っている」と話した。武良さんは漫画家水木しげるさんの妻で、自伝「ゲゲゲの女房」は、今年同名のNHKの連続テレビ小説の原案となった。

 斎藤さんは、東京六大学野球で50年ぶりとなる早慶の優勝決定戦を制した後、「何か持っていると言われ続けてきました。今日何を持っているかを確信しました……それは仲間です」という言葉が選ばれた。斎藤さんは言葉の内容は、「ずっと思っていたこと」といい、プロになってからも「言葉に伴う結果がないとだめかなと思う。そのためにがんばりたい」と語った。

 このほか、育児をする男性を指す「イクメン」、孤独死などを取りあげ反響を呼んだNHKの番組「無縁社会」、ツイッターでつぶやく際に語尾につける決まり文句の「~なう」、秋葉原を拠点にしたアイドルグループ「AKB48」などがトップテン入りした。(高重治香)

■新語・流行語トップテン(かっこ内は受賞者。敬称略)

・ゲゲゲの~(「ゲゲゲの女房」著者・武良布枝)=大賞

・いい質問ですねぇ(ジャーナリスト・池上彰)

・イクメン(タレント・つるの剛士)

・AKB48(アイドルグループ・AKB48)

・女子会(モンテローザ社長・大神輝博)

・脱小沢(受賞辞退)

・食べるラー油(桃屋社長・小出孝之)

・ととのいました(お笑い芸人・Wコロン)

・~なう(ツイッターを駆使する高校生・梅崎健理)

・無縁社会(NHK「無縁社会」制作チーム)

全く納得できん。流行語ってそういうもんか?

ゲゲゲの~ が流行したか? 連続テレビ小説の「ゲゲゲの女房」がそこそこ当たっただけじゃないか。それ以外で「ゲゲゲの」って言葉が使われたことなんか一切なかっただろ?

AKBとか、食べるラー油だって、商品がヒットしただけだろ。言葉が流行したわけじゃない。

AKBは、アルファベットを変えるパターンが流行したといえばしたか。

言葉として実際使われたのは、「ルーピー」とか、「ととのいました」とか、「なう」、「女子会」「イクメン」ぐらいだろう。

以前「凡人軍人変人」が選ばれたときも釈然としなかったが、今年のゲゲゲも、周知度はマシとはいえ、流行語という定義からは外れてるように感じる。

それに、表彰される人も釈然としない。なんでモンテローザ? ツイッターやってる高校生ってなんだよ。twitter japanとかないのか?

結論としては、無理やりな表彰だわな。まあこういう表彰なんてほとんどそういうもんか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年2月 »