« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月31日 (月)

伊集院ファンが怒ってるけど…

5月23日の馬鹿力で、伊集院が嵯峨根に対して怒ったことに対して、伊集院ファンが2ちゃんねるで激怒している。伊集院は横暴だの、IJPはつまらないだの、馬鹿力がつまんなくなったの、ぼろくそに書いてる。

嵯峨根が、よく知らないでIJPの自分名義のツイッターを勝手に使ったのが、伊集院はえらくむかついたらしく、IJPの嵯峨根のツイッターは非公開にするわ、X-GUNは3年間出入り禁止だと宣言するわ、で、正直、自分も嵯峨根に対する態度はどうかと思った。そんな、ゴールデンでもない、地方局の番組ごときでそんなに偉そうにすんなよ、と。だから、2ちゃんねるでの伊集院の悪口には溜飲が下がっていたのだが、あまりの書かれように、伊集院を擁護したくなってきた。

ああいう番組に真剣になっている伊集院は愛すべきではないか、と。ステータスがそれほど高くない番組なのに、ムキになってしまう伊集院は確かにみっともないが、そういうダメ人間だからこそ、リスナーは伊集院を支持してきたんじゃないのか、と。

伊集院が常に適切な行動を取るような立派な人間だったら、ラジオを聞いているこっちの立場がなくなるだけだろう、に。

2chに書いているリスナーは限りなく伊集院に厳しい。けど、その狭量さはダメ人間のそれであって、伊集院の狭量さとピッタリ一致する、似たもの同士じゃないか、と言いたい。

続きを読む "伊集院ファンが怒ってるけど…"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月30日 (日)

普天間問題でなぜ怒ってる人がいるのか分からん

唯一分かるのは、徳之島の人の怒りだけだ。

あの人たちは、急に基地を押し付けられそうになって怒ってるのだろうと判る。

だけど、沖縄の人たちが鳩山さんに対してそんなに怒ることないんじゃないの? もともと、キャンプシュワブ沖に移設するってことになってて、鳩山さんは沖縄の人のために、県外に移設出来ないかいろいろ運動して、それでダメだったってだけで、元々に戻っただけなのに。

そら、期待をもたせたのに叶わなかったという不満はあるかもしれないけど、とりあえず良かれと思ってやろうとしてくれたのに、それがダメだったぐらいでそこまで怒る必要あるの? 実害はそれほどないのに。

八ツ場ダムが中止になって怒る人はわかる。長年かけて、決心して、村を捨てようとしてその準備だって進めてたのに、それがパーになったら、これまでの手間隙が無駄になったじゃないか、と怒るのはわかる。

だけど、今回の普天間移転問題で言えば、県外なんて話になったのは1年以内の話しだし、そのために何か特別な準備をしてそれが無駄になった、なんて人もほとんどいないとおもうのだが。

良かれと思ってやってくれたんだから、許してやってよ。別に損は無かったんだから。

沖縄の人が怒るのは、それでも、ぬか喜びさせられたから、というので多少はわからんでもないが、それよりもっと判らないのは、沖縄県民でも徳之島島民でもない人たちが、やいのやいの鳩山さんを責めてることだ。おまえらはいったい何をしたってーの? 沖縄の人の負担を減らすために何かしたの? 基地を受け入れるつもりも無いくせに、沖縄の人たちのために何もしようとしないくせに、何で鳩山さんを責められるの? と思う。

多分、

沖縄の人たちが(なぜか)怒っている→マスコミがそれを取り上げて騒ぎ立ててる→アメリカでもルーピーだって言われてるらしい→こりゃ乗っかって鳩山をたたかねば。

ぐらいじゃないのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月22日 (土)

他人の電話にイライラ、会話の半分しか聞こえないのが理由 | 世界のこぼれ話 | Reuters

リンク: 他人の電話にイライラ、会話の半分しか聞こえないのが理由 | 世界のこぼれ話 | Reuters.

これ、確かにそうだわ。電車内での携帯電話が迷惑だ、つってても、音で言えば電車の走行音の方が大きいし、電車内でしゃべってる人もいて、その場合電話の騒音の2倍なのに気にならないのは、会話がちゃんと成立してるからだわ。

携帯で、会話の半分しか聞こえないと、確かにこう、気になるよな。向こうが何しゃべってるのか、どうしても推測してしまって頭が疲れる。

 2010年 05月 21日 11:12 JST
[ニューヨーク 20日 ロイター] 米コーネル大学の研究チームの発表で、他人の携帯電話の話し声が気に障るのは、会話の半分しか聞こえないことが理由であることが明らかになった。研究内容は専門誌サイコロジカル・サイエンスに掲載される予定。

 同チームは大学生41人を対象に、他人の携帯電話の会話を流しながら集中力を測る実験を行った。それによると、話者のうち1人だけの話し声が聞こえた方が、両方の話者の声が聞こえた場合に比べ、被験者の集中力が低下したという。

 研究を行ったローレン・エンバーソン氏は、「会話の半分しか聞こえないと、注目の対象をほかにそらすことが難しくなる」とし、話し声を消すこともできないため、いらだちにつながると強調。また、人間は会話の断片から次に相手が何を言うかを予測するため、聞こえる内容が半分では予測することが困難になると指摘した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月15日 (土)

鳩山さん結構いいと思う

鳩山さん意外にいいと思うようになった。自分で考えてしゃべってるみたいだし。大口は叩いてきたけど、だめになったときにちゃんと間違いを認められるのが偉い。今までの政治家には無いタイプ。普天間移設問題で責められて支持率落としてるけど、ややこしい問題なんだから移設先の住民以外の人がルーピーだなんだと責めるのはおかしいんじゃないかな。強力なリーダーシップを発揮してどこかに強引に押しつけろとでも言うのだろうか?実はそんなに緊急な問題でもなかったりしない? まあ、5月末って期限を自分で決めてしまって、自分の首をしめちゃってるが、そこはご愛嬌。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »