« 朝青龍を追いつめたマスコミ横審は最低だ | トップページ | とめはねっ!の望月さんを見てると鬱になる »

2010年2月 5日 (金)

ポニョは糞すぎる

つまらないというか、支離滅裂というか、見てるのが苦痛だった。

エコ基地外が本当の基地外になってしまった感じだ。

宮崎駿は完全に終わった。へたすりゃジブリも終わる。次の作品が宮崎駿監督作品だったら間違いなくジブリは終わる。

それだけじゃなく、過去の作品にも泥を塗っている。あんなおかしな人間が作った作品かと思ってしまって、ポニョの気持ち悪いイメージが重なって見えてしまいそうだ。

なにより気持ち悪かったのは、大洪水になって船で避難しているときの住民の能天気さ。ありえない。復旧するのにドンだけかかると思ってるんだ?やったのがポニョだから許すってか?この、宮崎駿の、独善的な、自分と自分の創造物は何やっても許される、みたいに考えているようなところが気持ち悪い。

大洪水で、街の中を古代魚が泳いでるところがいいつもりなのか? でも、 (なんで古代魚なんだ? 魔法だからいいのか? 魔法がありなら何でもありじゃないか) という疑問が浮かんで、まったく乗れない。

もののけ姫以降、いや、正確には魔女の宅急便以降の作品はそれほどいいとは思えないが、それでも作品ごとにいいシーンがいくつかはあった。

たとえば、千と千尋なら、海の上を電車が走るとこや、温泉の造形なんかは良かった。

もののけ姫は、野山を駆け抜けるシーンや巨大な獣は良かった。

でも、ポニョには一個もいいシーンがなかった。ストーリーはめちゃくちゃで、はじめてのお使いをおかしくしたようなものだし。手書きにこだわったという絵も、地上の風景なんかはぐにゃぐにゃしていて気持ち悪い。

映画公開時には、次のような批判を読んだ。

1.金魚を水道水で飼うなんてありえない。

2.子供が親を名前で呼ぶのは良くない。

3.ポニョのやってることはひどい。

だけど、それ以前の問題だった。ストーリーがめちゃくちゃだった。ポニョの両親とかもわけがわからん。ポニョが宗助を好きになったぐらいで何で月まで地球に引っ張られるんだ。設定とか滅茶苦茶で、映画として成り立ってないと思う。宮崎駿のあたまももはや滅茶苦茶なのだろう。

年はとりたくねーな。

|

« 朝青龍を追いつめたマスコミ横審は最低だ | トップページ | とめはねっ!の望月さんを見てると鬱になる »

コメント

ポニョ説明不足すぎだろ。全く意味がわからん。神話とか輪廻転生とか関係あるの?
http://news4vip.livedoor.biz/archives/51477675.html

ポニョって何なの?全く訳分からん。とりあえず登場人物は全員死んでるだろwhttp://alfalfalfa.com/archives/385011.html

押井守「ポニョは映画になってない」
http://sea-mew.jp/nox/modules/webarc/2ch/ss/1265382210-0.html

http://www.ghibli.jp/ponyo

投稿: ex2channeler | 2010年2月 6日 (土) 10時07分

宮崎駿はナウシカで終ってんだよ。

投稿: | 2010年2月 6日 (土) 10時26分

崖の上のポニョ VS スカイ・クロラ!(押井守、鈴木敏夫)
http://podcasts.tfm.co.jp/podcasts/tokyo/rg/suzuki_vol45.mp3

投稿: ex2channeler | 2010年2月 6日 (土) 16時42分

俺はポニョのために何時間つぶしてるんだろう、いろいろウェブあさったり、ブログ書いたりして、これじゃ宮崎駿にしてやられてるぞ、とも思うのだが、

録画していたポニョをまた見てしまった。
そしたら、残り30分ぐらいまでのところは、それほど悪くないと感じた。いいシーンもいくつかあった。
1回目に見終わった後そう思えなかったのは、結末があまりにひどかったために映画全体がダメに思えたからだと思う。
ああいう結末だと分かったうえで、結末に期待せずに見ると、いい面も見えてくる。

いいシーンとしては、世間では批判もあるが、ドライブシーンの爽快さ。
それから、冒頭で藤本が海中で餌をやっているシーン。最初見たときは藤本が悪者だと思っていたのが途中で一転して父親ということになって混乱したのだが、父親だと分かって見ると幻想的でいいシーンだった。
藤本の手から、小さいビチャビチャしたものが出てきてデカくなって波になるシーンはもののけ姫の崇り神だな、と思うし、フナムシがサーっと逃げるとこはススハライだな、と思うし、宮崎こういうの好きなんだな、と思う。いいシーンとは思わないが面白いシーンではある。
車で保育園に向かうとき、道から見上げた崖の上の家の風景も悪くなかった。
あと、金魚のポニョがバケツの中で宙返りを繰り返すとこ。
夜、沖をとおる父親の船と光でモールス信号を送りあって最後に船中の明かりを灯すところ。あそこは「喜びも悲しみも幾年月」に似ていた。
それから、ポニョが波に乗って追いかけてくるときに車で逃げるシーン。
発電機が動いて明かりがともるシーン。
夜、リサが車でどこかに行って、そのときのヘッドライトが木の隙間から見えるシーン。
水が宗助の家の敷居まで来ているシーン。...ただ、あの床下浸水は家に相当ダメージを与えてるぞ、と思うと落ち着かないが。

でも、ひどいシーンもあって、ポニョを悪者にしないがために無理なシーンにしているのがありあり分かって、なんだこのご都合主義は、と思う。
ポニョが大波を起こして海からとび出してきたときに、小金井丸に都合よく水がかかってうまいこと沈まないでいられた、とか、
海が大荒れで無線も通じないというのに母子はそれほど不安がってなっていない、とか、
大洪水で町が何十メートルも沈んでいるというのにのんきな人々、とかを見るとふざけんなと思う。

最後の部分はどう考えてもおかしいとしか思えない。
さんざんポニョが金魚だって分かってる宗助に対して、「ポニョの正体は魚だけどいいですか?」って聞いて、いいって言ったら世界が救われたって、頭がおかしいだろ。それだけですべてが台無しだ。
ジブリのスタッフは「最後の部分おかしいです」って言えなかったのかなぁ。もしそう言っていて、宮崎に丸め込まれたのだとしたら宮崎がなんと言ったのか聞いてみたい。どうせ無茶な理屈だろうけど。

結局、この映画は、宮崎駿が幼女をいじりまわしてキスしたい、ってだけで作ったのではないかと思う。そういうオナニーを見せられたという気持ち悪さ、そして、こんなおかしなやつがラピュタとかを作ってたのか、というがっかり感が残る。

手書きの絵にしても、宮崎駿がコンピュータに負けたくないからやっただけで、別に手書きだからいいってもんでもなかった。特に地上の建物の、本来なら直線であるべきところが歪んでるのは見てて気持ち悪かった。
それで建物に暖かさが生まれる、などと言うが、サッシが歪んでるのは暖かさよりも立て付けの悪さのイメージだし、人の姿はいつものアニメの絵だから建物だけ変に歪んでいるように見えてしまった。

投稿: ex2channeler | 2010年2月 7日 (日) 07時31分

録画しておいたのを消してしまったが、ちょっと淋しい気がしてきた。
また見たくなってしまった。あの町は結構いいかんじだった。
それに、ただでテレビで見てるだけなんだからそんなに怒ることもなかった。時間がもったいなかった、ということはあるが、そもそもブログなんかで時間つぶしてるわけだし。
後味の悪さで相当イメージが悪くなってるけど、あと、期待がでかすぎたというのもあるけど、後から思い返せば世界観はよかったと思う。

投稿: ex2channeler | 2010年2月11日 (木) 21時14分

ディープブルーを見て、ポニョってディープブルーに影響されてるんじゃないか、と思って検索してみたが、そういう指摘をしたページが見つからない。

ディープブルーの、クラゲのシーンと、マグロが猛スピードで小魚を追い回しているシーンは、ポニョでも同じようなのが出てきたのだが。マグロは洪水のシーンで。

ディープブルーは2004年公開、ポニョは2008年なので、時間的には間に合う。

ディープブルーの、シロイルカの群れが氷の穴からしか呼吸が出来なくなったシーンは息苦しかった。

投稿: ex2channeler | 2010年7月19日 (月) 10時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/516062/33265598

この記事へのトラックバック一覧です: ポニョは糞すぎる:

« 朝青龍を追いつめたマスコミ横審は最低だ | トップページ | とめはねっ!の望月さんを見てると鬱になる »