« 2009年10月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月30日 (土)

ハッピーフライトしょうもなかった

笑えるかと思いきや、しょうもない感動ものになっていてがっかりした。矢口史靖のイメージが崩れた。

最初全日空の飛行機がそのまんま出てきたとこで、「大丈夫かな?」とは思った。これは、あまりどぎついギャグなんかは出来ないぞって。そしたら最後まで「全日空はこんなに頑張ってます、熱い会社です、いいやつが多いです」みたいになっちゃってんだもん。

それに、それほど感動できるかって言えば、飛行場側の不手際でバードストライクが起きて、かつ、整備の判断ミスとパイロットの操縦ミスで右側のピトー管が使えなくなって引き返さざるを得なくなって客は大迷惑、ということなんだから、客の立場で見るとふざけんな、と思う。こんなんで感動できるのは全日空関係者だけで、なんか、リアリティーを出すために全日空に協力してもらったのはいいんだけど全日空におもねりすぎて映画自体が詰まんなくなって本末転倒になってしまった感じだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

アンタ柴田が無期限休養「先は未定です」

リンク: asahi.com(朝日新聞社):アンタ柴田が無期限休養「先は未定です」 - 日刊スポーツ芸能ニュース - 映画・音楽・芸能.

2010年1月30日

 お笑いコンビ、アンタッチャブルの柴田英嗣(34)が、芸能活動を無期限休養することが29日、分かった。理由は明らかにされていないが、テレビ関係者らスタッフらには「2月から出演を控えます。復帰するかも含めて、先は未定です」と伝えられている。04年のM-1グランプリで優勝して、相方の山崎弘也(34)とともに多数のバラエティー番組に出演。30日も収録済みのTBS系「EXILE HOUSE」にゲスト出演する。ただ、2月以降の撮影、収録は行わない予定だ。

 休養の理由には、07年に柴田がテレビ番組で明かした妻との離婚問題など、家族の問題も取りざたされているが、妻Nさん(28)は日刊スポーツの取材には「私からは何もお話しできません。(休養の)理由も夫から話してもらっていません」とだけ答えた。柴田は、頻繁に更新していた公式ブログを、昨年12月31日限りでストップさせている。

離婚ならまだいいが、病気だったらいやだな。「復帰するかも含めて未定」ってのが怖い。

動物の勉強に専念する、なんて理由だったらいいんだが。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2010年1月27日 (水)

東芝のCELL REGZAって外しているような気が

圧倒的な高画質・高音質 CELLレグザの圧倒的な「高画質・高音質」は、テレビを「WATCH」するものから、「EXPERIENCE」するものへと変えます。それは、もはや視覚・聴覚の二感ではなく、五感を震わせるほどのものです

圧倒的な録画 CELLレグザの圧倒的な「録画」は、コンテンツを「RECEIVE」するものから、「DISCOVER」するものへと変えます。これまでの放送時間という概念が変わり、時間の軸を越えた新しい視聴スタイルを実現します。

圧倒的なネットワーク CELLレグザの圧倒的な「ネットワーク」は、「録画」と同じくコンテンツを「DISCOVER」するものへと変えます。さまざまな動画コンテンツやインターネットに簡単にアクセスし、好きなだけ情報を獲得できるようになります。

だそうだけど、

高画質高音質はよく分からんけど臨場感なら3Dには負けるだろうし、

同時録画たくさん出来るのは地上波だけだそうで、地上波をそんなに一生懸命録画してまで見る必要あるのか?って気がするし、テレビガイドで事前に調べておけば済む話じゃないかと思うし、そんなにたくさん録画しても見る時間ないし、テレビなんてのは録画で見ると見るのが面倒になるし、

ネットワークはパソコンでやればいいじゃんって思うし、

で、なんか外してる気がするなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月26日 (火)

亀井氏「国民の相当数、冷静な判断能力ない」 : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

リンク: 亀井氏「国民の相当数、冷静な判断能力ない」 : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 国民新党代表の亀井金融相は25日、衛星放送BS11の番組で、小沢民主党幹事長の資金管理団体をめぐる政治資金規正法違反事件に関して「今の国民は相当数が大脳皮質で冷静に判断する能力をお持ちでない。新聞が『けしからん』と書いたりすると、その人(小沢氏)が何を言っても耳を貸さない」と述べた。

(2010年1月26日00時48分  読売新聞)
まったくもって亀井さんの言うとおりだ。読売はこの発言を騒ぎ立てて読者をあおろうとしているみたいだが、この発言で怒るような連中はまさしく、亀井さんの言う「大脳皮質で冷静に判断する能力の無い」やつらだ。
まともに考えてる人なら、何も考えずに周りに流されて動くような連中にうんざりしているはずで、亀井さんの言うことがもっともだと感じるはずだ。
しかし読売も楽な仕事してるよな。テレビで見たのを言いふらしてりゃ記事になるんだから。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2010年2月 »