« 酒井被告復帰に意欲「恩返しをしたい」 | トップページ | 事故調報告漏洩 JR西の工作は言語同断だ »

2009年9月22日 (火)

おくりびと怖いわ

峰岸徹が死体役で出てるなんて…

山田辰男も出てるなんて…

それ以外は結構コミカルな映画だったんだな。最初のオカマの死からして。

だけど、題材のめずらしさとロケ地の魅力のみの映画って感じだった。ああいうさびれた感じの町で、人々が営々と生きているんだな、と思うのは良い感じだ。だけど、現実はもっと厳しいんだろうなあ。

ストーリーはちょっと無理矢理っぽかった。

以下、ネタバレ






広末涼子に本木の仕事の「素晴らしさ」を知らせるために、銭湯のおばあちゃん殺しちゃうし。

余貴美子も6歳の息子を置き去りにして出てきたなんて、なんて偶然!

死んだ親父がたまたまあの時の石を握ってるとは、なんて偶然!

この映画のせいで葬儀屋への就職希望者が激増した、なんてこともありそうだな。

あと、普通の葬儀屋がやりにくくなった可能性もある。この映画を見た人は、ああいう納棺をしてほしがるだろうし。

だけど、この映画で泣いたって人は一体どこで泣いたんだ?

劣化した広末涼子のわざとらしい演技でか?(親父の死体の前で微笑むんじゃねーよ)

|

« 酒井被告復帰に意欲「恩返しをしたい」 | トップページ | 事故調報告漏洩 JR西の工作は言語同断だ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/516062/31471492

この記事へのトラックバック一覧です: おくりびと怖いわ:

« 酒井被告復帰に意欲「恩返しをしたい」 | トップページ | 事故調報告漏洩 JR西の工作は言語同断だ »