« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月26日 (土)

八ツ場ダムの町、一晩にメール4千通 批判・中傷8割

リンク: asahi.com(朝日新聞社):八ツ場ダムの町、一晩にメール4千通 批判・中傷8割 - 社会.

八ツ場ダムの町、一晩にメール4千通 批判・中傷8割

2009年9月26日5時29分

 前原誠司国土交通相が建設中止を表明した八ツ場(やんば)ダムのある群馬県長野原町の町役場に、一晩で4千件のメールが殺到していたことが25日わかった。建設推進を求める地元に対し、8割が批判的な内容。町は「中傷が目立ち、メールサーバーへの負荷もかかる」として、メールの受け付けなどを25日朝、停止した。

 地元の住民代表らが23日の前原国交相との意見交換会への出席を拒否したことを受け「対話拒否はおかしい」「(民主党が総選挙に勝ったという)民意に背くのか」といった批判や、「ダムが中止になって、なぜ喜ばないのか」という意見が多く、なかには「ごね得」「非国民」などと中傷するメールも。

 同町によると、通常は一日数件が届く程度。前原国交相が現地視察をした23日は200件を超すメールが届いた。担当者が25日午前8時すぎに確認すると、前夜からの間に4千件届いていたという。ネットの巨大掲示板に役場のメールアドレスが書き込まれたことが原因らしい。

 担当者は「電話もひっきりなしで、仕事にならない。なぜ地元が悪者にされるのか」と憤っている。

こういう3200人の、想像力のない、人の気持ちのわからない馬鹿からは選挙権を取り上げて欲しいな。今回の選挙で、あれもこれも盛り込んだマニフェストが全面肯定されたってことじゃないのに。国の政策に振り回される人たちの気持ちをすこしは考えろっつーの。

これだから民主主義は困るんだ。選挙が盛り上がると、普段選挙に無関心な、ものを考えない層が勢いで投票して政治をおかしな方向に持っていくから。

前回の郵政民営化選挙以降、日本人の中に4割いるそういう連中を動かせば選挙に勝てるってことになっちゃったから、これからの政治はそういう層に受けることを狙った、レベルの低いものになりそうなのが腹立たしい。

ただ、マスコミは八ツ場ダムに関しては、建設中止に批判的である。そうした方が、民主党政権をたたけて盛り上がれるからってことだと思う。マスコミのいつもの、最初はもてはやしておいて、高いとこに上ったら叩きおとして、マスコミとしては2度おいしい記事が書ける、ってやつなのだろうな。で、その前提には、そういう記事を喜ぶ読者の低俗さがあるというのも事実だろう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

事故調報告漏洩 JR西の工作は言語同断だ

リンク: 事故調報告漏洩 JR西の工作は言語同断だ : 社説・コラム : YOMIURI ONLINE(読売新聞).

マスコミのこの、言葉もまともにつかえないくせにえらそうに人を批判してるとこは言語「道」断だ。

http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20090925-OYT1T01227.htmの魚拓

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年9月22日 (火)

おくりびと怖いわ

峰岸徹が死体役で出てるなんて…

山田辰男も出てるなんて…

それ以外は結構コミカルな映画だったんだな。最初のオカマの死からして。

だけど、題材のめずらしさとロケ地の魅力のみの映画って感じだった。ああいうさびれた感じの町で、人々が営々と生きているんだな、と思うのは良い感じだ。だけど、現実はもっと厳しいんだろうなあ。

ストーリーはちょっと無理矢理っぽかった。

以下、ネタバレ






広末涼子に本木の仕事の「素晴らしさ」を知らせるために、銭湯のおばあちゃん殺しちゃうし。

余貴美子も6歳の息子を置き去りにして出てきたなんて、なんて偶然!

死んだ親父がたまたまあの時の石を握ってるとは、なんて偶然!

この映画のせいで葬儀屋への就職希望者が激増した、なんてこともありそうだな。

あと、普通の葬儀屋がやりにくくなった可能性もある。この映画を見た人は、ああいう納棺をしてほしがるだろうし。

だけど、この映画で泣いたって人は一体どこで泣いたんだ?

劣化した広末涼子のわざとらしい演技でか?(親父の死体の前で微笑むんじゃねーよ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月19日 (土)

酒井被告復帰に意欲「恩返しをしたい」

リンク: asahi.com(朝日新聞社):酒井被告復帰に意欲「恩返しをしたい」 - 日刊スポーツ芸能ニュース - 映画・音楽・芸能.

ちょっとせっかちすぎるんじゃないか?

そりゃいずれは復帰するんだろうけど、まだ裁判も始まってない、刑も決まってない時期に、すでに復帰する気マンマンってのはちょっとな。両脇に、サンミュージックのボスとビクターのボスを並べるって、どういうこったよ。どう見たって、刑を勤め上げて、ほとぼりが冷めて、そろそろ復帰しますのでよろしくお願いします、って場面にしか見えない。

反省の色が薄いね。ここはしおらしく、反省一点張りのほうがイメージよかった。なんかむかつくから裁判所&検察お得意の「反省の色なし」ってことで、実刑にしてくれたら面白いんだが。

酒井被告復帰に意欲「恩返しをしたい」

 酒井法子被告(38)は保釈から2時間後の17日午後6時半から、東京・如水会館で謝罪会見を開いた。公判前という理由から質疑応答はなく、謝罪の気持ちをしたためた文章を約3分半かけて読み上げた。拘置中に芸能界引退を示唆していたが、会見には弁護士に加え、元所属事務所サンミュージックの相沢正久副社長(60)と元契約所属レコード会社ビクターエンタテインメントの三枝照夫会長(58)が同席。酒井被告は涙ながらに「2度と信頼を裏切ることはありません」「恩返しをしたい」と語るなど、言葉の端々に芸能界復帰を望む強い気持ちをうかがわせた。会見には海外メディアを含む500人以上の報道陣が集まった。

 酒井被告は保釈時とは違う黒のジャケットを羽織り、脚のラインがくっきりと見えるひざ上丈のスカート姿で現れた。メークも保釈時よりはしっかりしており、髪には黒いカチューシャを着けた。会見冒頭、無数のフラッシュを浴びながら、同席者と並んで深々と頭を下げ、体を起こしても顔はうつむいたままだった。

 相沢氏と三枝氏が罪をしっかりと償ってほしいと口にすると、酒井被告の目から涙がこぼれ始めた。保釈直後は元アイドルの条件反射なのか、笑顔を見せた瞬間もあったが、会見では一転して涙を流し続けた。謝罪文を読み上げる時間が近づくと、ハンカチを取り出し、あふれた涙を何度もぬぐった。

 拘置中は「これからは静かに暮らしていきたい」と話し、芸能界引退をほのめかした。ところがこの日読み上げた謝罪文では、芸能界復帰を強く望む意志が透けて見えた。「信頼をすぐに回復することができるものではないことはよく分かっています」としながらも「生まれ変わった気持ちで心を入れ替え、日々努力していきたい」。さらに再犯の可能性を強く否定した上で「みなさまのお気持ちに恩返しをしていきたい」と、ファンやスタッフに向けて出直しを誓う言葉を選んだ。「至らぬ点を厳しく指摘いただき、素直に拝聴して新しい1歩を踏み出していきます」とも話し、来る日の“新生のりピー”をアピールしているようにも受け取れた。

 同席者の顔ぶれも意味深だった。芸能界における「育ての親」でもある相沢氏と、歌手として自分をデビュー時から支えた三枝氏が並んで座った。すでに契約解除されたが、今も芸能界と結びつきが深い印象を与えた。酒井被告の早期復帰は困難とみられるが、芸能界ではこれまでも薬物事件で裁きを受けた大勢の歌手や俳優、タレントが復帰している。長年親しんだ芸能界で再起を図る可能性は高い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 9日 (水)

asahi.com(朝日新聞社):少女が水着でマッサージ 労基法違反容疑で経営者ら逮捕 - 社会

リンク: asahi.com(朝日新聞社):少女が水着でマッサージ 労基法違反容疑で経営者ら逮捕 - 社会.

2009年9月8日23時0分

 18歳未満の水着姿の少女に男性客と密着するマッサージをさせたとして、愛知県警は8日、名古屋市中区金山4丁目のマッサージ店「癒(いや)し空間金山エゴ」を労働基準法違反(危険有害業務の就業制限)の疑いで家宅捜索し、経営者間曽直人(28)=同市中区平和2丁目=と従業員古田裕一郎(25)=同市中村区乾出町3丁目=の両容疑者を同容疑で逮捕した。古田容疑者は「知らない」と否認しているという。

 性的サービスを提供する「性風俗店」は、都道府県公安委員会への届け出が必要。県警によると、この種のマッサージ店は性的サービスを提供しているかはっきりしないことが多く、風俗営業法での摘発は難しい。このため、県警は労基法の規定を適用した。水着姿での男性へのマッサージが「有害業務」に当たると判断したという。

 中署と保安課によると、古田容疑者は8日午後、間曽容疑者は8月26日、いずれも16歳の少女に、店内の個室で水着姿で男性客の全身に密着するマッサージをさせた疑いがあるという。

 同店はホームページ上で16、17歳の水着姿の少女をマッサージ担当の「セラピスト」として紹介。「JK(女子高生)好き集まれ」「平均年齢18.5歳の水着エステ」などと少女の接客を宣伝していた。また系列とみられる名古屋、横浜のエステ店の広告でも、16、17歳の少女が密着するエステを紹介していた。

取り締まる法律がないときに、警察が強引に法律の解釈を変えて取り締まるってのはやばい。

18歳未満が性風俗まがいの仕事をしているようだから取り締まりたい、という意図はわからんでもないが、警察という強大な権力を扱う人間が、かってに法律を変えて、「ナイスアイデアでしょ」みたいに言ってるのはまずいと思う。立法を無視して司法が暴走することになる。

これが「有害業務」になるなら、ソープなんかも超危険で取り締まらなくてはならなくなるが、それはしていないという、ダブルスタンダードも生じているし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »