« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月30日 (火)

夏野剛という勘違い野郎

リンク: 郵政問題をいまさら政争の具にする愚 ビジネス-最新ニュース:IT-PLUS.

このコラムでこいつが書いてる事にしばしばむかつくのだが、それはこいつに中身の無さを感じるからであろう。

薄っぺらな奴が、自分ではイケてると思っているニヤケ顔。

>  しかもそのかんぽの宿問題を取り上げて、総務相が社長に辞任を迫るとは何ごとか。その総務省(旧郵政省)のマネジメントがなってなかったから、郵政民営化が国会で決議されたはずである。

はあ?別に郵便局がどうしようもなくだめだったから民営化しようって話じゃなかっただろ。

> 民営化の流れになってから、郵便局のサービスは本当によくなった。昔は郵便局の窓口で大変不快な思いをしたものだ。お客さんが並んでいるのに、ゆったりとお札勘定をしている人、命令調でお客さんの振替用紙の記入ミスを指摘する人など当たり前にいた。

>  今では、郵便局で、いらっしゃいませ、と言われ、頭を下げられる。再配達や集荷の方々も大変腰が低い。なにより、みんな優しい。変なことを頼んだって、にらまれることもない。民営化ってこういうことなんだなぁ、と実感するところはいくらでもある。

おまえ最近自分で郵便局行ったことあんのか?

ここ数年、民営化前と後で、局員の対応に変化があったとすれば、「いらっしゃいませ」って言うようになったことぐらいだぞ。昔から郵便局員は結構親しみやすかったし、その態度が民営化前と後で特に変わったりはしてない。

サービスだって、別に良くなったわけでもない。集配局が統合されて閉鎖されて、遠くなったから、むしろ受け取りに行くのに手間がかかるようになった。料金だってむしろ値上げされている。

> お客さんが並んでいるのに、ゆったりとお札勘定をしている人、命令調でお客さんの振替用紙の記入ミスを指摘する人など当たり前にいた。

どこが当たり前なんだ。こんな奴、郵便局で見た事ないぞ。昔の国鉄時代のみどりの窓口のでこういうことがあったという話は聞いた事があるが。昔の国鉄→JRの変化の話をそのまま持って来ただけなんじゃないのか?

ただ、こういう、かしこぶってて、顔もそこそこ見れるやつって馬鹿な連中に受けるんだよなー。こういう奴が、誰かを叩きまくってるのを見て馬鹿は溜飲をさげて喜ぶという。

だけど、こいつの書いてる事って筋があんまり通ってないんだよな。オマエさ、そこで喧嘩売って世の中が変わるとでも思ってんの? そんなんじゃ人は動かせないよ、ほんとに変えるつもりなんかなくて、誰かを攻撃してかしこぶって見せたいだけだろ、と。

…でも結構こういう、馬鹿の扇動者によって、深く考えない馬鹿が動いて世の中が変わっちゃったりするんだよな。小泉改革がそうだったみたいに。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年6月29日 (月)

JAL副操縦士、立ちションで連行 ハワイ、1便欠航

リンク: asahi.com(朝日新聞社):JAL副操縦士、立ちションで連行 ハワイ、1便欠航 - 社会.

どこの国でも木っ端役人がエラソウにする為にものすごく無駄が生まれてるわな。

これ、日航のパイロットはほとんど悪くなくて、悪いのは手際良い処理のできなかったハワイの馬鹿警察だろ。たかが25ドル払わせるのになんで2日もぶち込んどく必要があるんだよ。駐車違反程度の罰金なのに。

警察は25ドルの罰金を払わせるのはいいが、その代わりにテメーの不手際で迷惑をかけた297人に損害賠償をすべきだ。最低一人1万として300万円は払ってもらわないとな。

役人なんてのは世の中がスムーズに回るようにする為に存在しているものであって、ルールや法律なんかもみんなそのためのものなのに、それを忘れてむしろ法律や役人の面子を立てる為に世の中に不便をかけてるようじゃ本末転倒だ。

馬鹿な役人はそこんところが分からずにむやみに威張るから困る。

これが高級官僚になるとさすがに頭がいいからそういう点はしっかり分かってくれてると思うのだが。ただし、検察は除く。あいつら難しい試験は通ってはいるが、基本的に威張りたい連中だから、馬鹿な木っ端役人と同様に分かってないと思われる。

2009年6月29日19時40分

 日本航空(JAL)の副操縦士(53)が23日夜(現地時間)、ハワイの公園で立ち小便をして警察に留置され、便の遅れや欠航を生じさせていたことがわかった。JAL広報部が29日公表し、「本当に恥ずかしい事案。申し訳ありません」と謝罪した。

 副操縦士は23日午後5時半ごろ、ホノルル市内で1人で夕食を食べ、ワインのハーフボトル1本とビールを小瓶2本飲んだ。その後も午後7時過ぎまでホテルでビール小瓶3本を飲み、ホテル周辺を散策していたところ、「急に尿意をもよおし」、公園の木陰で小便をしたという。

 これを警察官が目撃。州法に違反するとして警察署に連行された。簡易の行政手続きを受けるため2晩、留置され、25日午前、25ドルの罰金を払って釈放された。

 副操縦士は24日昼の成田行きの便に乗務予定だった。規定の時間になっても出勤しないため、JALは25日に乗務予定だった別の副操縦士に交代させ、同便は15分遅れで出発した。この影響で25日の便の副操縦士がいなくなり、欠航に。予約客297人に影響した。JALは副操縦士を処分する方針。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すべらない話 ゴールデン 2009/6/27

すべってたなー。

松本が「それにしてもすべらんなー」って言ったあと舌をぺロッって出してたけど、あれは松本がガキの使いなんかでウソをついた時よくやるしぐさで、本人も実はすべってるって分かってて「すべらんなー」って言ってるよな。そういうウソをついてることも笑うとこなのかもしれない。

小薮和豊が出てなかったのであまり期待してなかったが、やっぱり駄目だった。

松本

「そやねん」を重々しく言う機会があった。彼女がコンビニに行っている間にマネージャーから電話がかかってきて、写真誌にある女といるところが載ってしまう事になったと知らされる。その女が誰か思い出せず、帰ってきた彼女に謝ろうと話し始めたところ、彼女自身がその女は自分であると気づいて「私とだよね」と言ったので松本はほっとして「そやねん」と言った。

河本(滑)

おかんが板東英二に似てきた。板東英二にその話をすると、板東がおかんと会って一緒に飯を食ってやるという話になったため板東がオカンに電話をかけたところおかんは板東だと信用しない。で、また板東と話をしたところ、板東がオカンを狙っていると分かった。

有吉★★

今は軽蔑しているが、昔は大仁田厚が好きだった。プロレス会場で大仁田を助けようと、対戦相手で場外乱闘中のザシークにカバンをぶつけようとしたところ、空振りして中身をばら撒いてしまった。それを拾い集めていたところ、会場がざわめき出したのでリングを見ると、自分のばら撒いたコンパスでザシークが大仁田を刺していた。

有吉

上島竜平のキープしていたボトルを勝手に飲んで水を入れて戻しておいた。後日上島とその店に飲みに行って、水の入ったボトルを飲んでいたのに、しばらくしたら上島がべろんべろんに酔っ払ってしまった。

せいじ★

NSC一期生の仲間でレンタカーを借りてハイヒールリンゴの引越しを手伝っていたところ、松本は高速に上がるところの坂道発進が出来なかった。また、坂道に車を止めて引っ越し荷物を積んでいたら、サイドブレーキが甘くて車が動きだし、浜田が車を押さえて、松本がサイドブレーキをかけようとしたのだがどれがサイドブレーキかわからず「浜田、セイジゴメン」と言って車から飛び降りたため、車が坂を転げ落ちて石垣にぶつかった。

勝俣

柳葉と哀川翔と酒を飲んでいて、「ウサギと亀で言うと、柳葉は着実な亀のようなタイプでアイカワはウサギのようなタイプだ」、と言ったところ、亀が嫌いな柳葉は別の動物にしろと言ったのでラクダに変えて、逆に亀が好きなアイカワは亀にしろと言うので亀にしたところ、亀のアイカワはいつまで経っても着実に歩むラクダに追いつけないという話になってしまい、アイカワが怒った。

宮川大輔

正月のルミネの楽屋で、酔っ払ったほっしゃんが空手をやっている後輩にからんでいたところ、最後にその後輩が怒ってほっしゃんの顔に蹴りを入れて病院送りにした。そのことで、その後輩を電話で叱ったところ反省した様子がないので翌日ルミネで叱ろうとしたところ、その後輩が強気の態度だったので恐くなって「おはようございまーす」というだけになってしまった。

関西の女芸人

ベテラン芸人の、月亭八方、中田カウス、「それはないやろ」の漫才コンビ、ぼんちのまさとと旅番組をやる事になったがベテラン芸人がみんなワガママで大変だった。まさとだけは協力的だったが、最後にウニ丼かイクラ丼かをかけて戦うところでまさとが大好物だというウニ丼を奪い取って笑いが生まれた後、収録後にまさとに呼ばれて誉められるのかと思ったら文句を言われた。

松村★

物真似で、事故前と事故後のたけしの違いをやっていたら、たけしに呼ばれ、怒られるのかと思ったら、「顔の不自由な方が逆だ、TVでみて左側ってことは、自分の右側ってことだからな」、とやさしく教えてくれた。

千原Jr.

街頭インタビューで女性にキムタクに会えそうな気にさせて、セイジが後ろから手で目隠しをしたところ、女性はキムタクかと思ってキャーと言った後、セイジだったので腰を抜かした。

オードリーの春日じゃない方

親父が、自分の所属していた少年野球チームのコーチをやっていたのだが、自分がランニングホームランをかっ飛ばした時、3塁コーチに立っていた親父の肩が外れてしまい、指をぐるぐる回して「回れ」、と指示していた。

原西

学生時代、どの日を選んでも、その日が何曜日かを言い当てられる、という特技を持っている友達がいて、そいつが給食を食べ終わって食堂から出た瞬間に不意を突いて聞いてみたところ、一瞬うなった後、鼻から鶏肉が飛び出て、それから答えてくれて、それが合っていた。聞かれて驚いて鶏肉が引っかかったらしい。

原西★

工業高校の文化祭に行った時、あんまり受けなかった。一緒に出ていたサバンナもあまり受けてなくて、ある高校生から「俺の方がもっと面白いぞ!」と野次られたので、サバンナの片方が笑いがそんなに簡単じゃないという事を思い知らせてやろうとその高校生をムリヤリ舞台に上げて芸をやらせたところ、校長先生の物真似をして大受けしていた。

U字工事のゴメンねゴメンねの方

トンボ取りに行って、指をズーッと回してたら、トンボが目を回してクッと首をひねった途端、首が取れた。そして5秒後に飛んでいった。それを見て、足ががくがく震えた。

オードリーの春日じゃない方

まだ売れない頃、TV番組の企画で潜水をやる事になって、春日が100メートル以上潜ったが水中で失神してしまい、助けられて気が付いた後に"I'm OK" とやった。

U字工事のゴメンねゴメンねの方★

新宿でライブをやった帰りに職務質問を受け、警官から持ってるカバンを開けられそうになったが、その直後その警官が「うそだよ、俺も栃木出身だ」と言ってきて、ものすごく腹が立った。

アンジャッシュ渡部建★★

ある番組に出た時、司会者に呼ばれてから登場するのだが、「渡辺謙さんです」と紹介されてしまい、大歓声が上がった後自分が出て行ったところ客にガッカリされてしまった。でもそこで「それひどいじゃないじゃないですか」などと言って笑いが取れて、結果オーライとなったのだが、司会者は登場をやり直すと言う。いいですいいです、と断わったが聞き入れてもらえずもう一度登場をやり直したのだが全く盛り上らなかった。

後日放送を見たところ、登場のシーンは全部カットされてしまっていて、紹介もされず最初から座っていた事になってしまった。

松本

山崎は馬鹿である。「リスは馬鹿だから、自分が隠しておいた木の実の場所を忘れてしまう」という蘊蓄を教えてくれるが、それを4回も聞かされた。

こないだ、チンコが痛いという奇病にかかり、真剣にチンコを切る決心をしていて、「でも、チンコ切ったら自分は予知能力を持つことになるからなんかあったら頼って」みたいな話をされた。

おかっぱの奴(滑)

小学生時代、薄のろの友達が、家庭科の時ミシンで手を縫い付けてしまい、保健室に行こうとした時、上着を着ようとするのを見て先生が「いま寒さを気にしてる場合じゃないだろ」とナイスなツッコミをした。

宮川大輔

TV番組で、メキシコの祭りの、地面に立てた長い棒の先からひもでつるされてぐるぐる回るというのを体験する事になり、その先生に会いに行ったところ車椅子でどう考えても棒から落ちた人だった。結局別の先生に教えてもらう事にした。

ケンドー小林

プロレスを見に行った時に、タイガージェットシンが場外を暴れまわっていたが、自分の進路に子供が足が竦んで動けなくなっているのを見て、一つ後ろの席にいるケンドー小林に、目配せで助けろ、と言い、助けると、「よくやった」みたいな目で見た。

ほっしゃん(これが最優秀)

ガス代の督促状が来て、それを忘れないように「ガス代忘れない」とメモして机の上において寝たところ、朝起きたら嫁の機嫌が悪く、「ガス代」という女と浮気したと誤解していた。

フットボールアワー後藤★★

父親が怒りっぽく、家の中が暗かった。いつも父が母親を引きずり回したりしていたが、一度だけ母が怒って父親をビンタしたところ、父の眼鏡が飛んで炊飯器のしゃもじをさすところにすっぽりはまり、その時だけは家族全員が「おお」となった。それが数少ない楽しかった出来事だった。

そんななか、ウサギを飼う事になり、家の中が少し和やかになった。父親も酔っ払って帰ってきてはウサギに顔を舐められて喜んでいた。そのウサギがガンに罹り、病院に連れていったところ「手術は無理」と言われたのだが、母親が「どうしてもこのウサギじゃないと駄目なんです。」と言って、むりやり頼み込んで手術をしてもらい、何とか成功した。

金を払う段になり、14万と聞いた途端、母親は怒り 「14万あったら新しいウサギが何匹買えると思ってるんですか!」と叫んだ。それを聞いた病院の人は呆れていた。

幸いな事に、ウサギはそれからかなり長生きした。

ほっしゃん

猿が頭を抱えるので脳の病気かとMRIまで取ってみたが異常がなく、どうやら構って欲しくて仮病を使っているらしかった。

ほっしゃん

北海道の空港で、カニを選んでいるおばちゃんに見つかって握手してやろうとしたら、自分の手をあたかもカニを掴むみたいに掴んできた。

河本

入院した時、久しぶりに妻と二人きりになり、なんだかドキドキして、しかし病院でSEXできないので、退院してからその気になって家でSEXしようとした時、女房がシャワーを浴び、黒いパンティーでタオルを首に巻いて乳を隠して出てきたのを見て、長州力に見えて萎えてしまった。なんとか浜崎あゆみが髪の毛で乳を隠した姿に重ね会わそうとするが、目を開けるとやはり長州に見えてしまった。

---

フットボールアワーの後藤の話が一番よくできていたと思う。あの話を小薮が話していたら文句無しに優勝だったんじゃないか。

小薮はそういう(人の話でもいいから)おもしろ話を話すっていう芸をやってくれないかな。小薮が話してくれたら、より面白くなると思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月28日 (日)

妻が亡くなった……だけど悲しくない

リンク: 妻が亡くなった……だけど悲しくない.

ここまで強烈な妻だと、無理もない。

増田さんへ。私は久しぶりに激怒しました。

こんなの見ても女は勘違いしてると思う。

> なまえ 2008/08/21 23:24

> おまえがうざいわ。
> 何?男ってそこまでしなきゃならないの?
> 王子様じゃないとダメなの?あほか。

コメント欄の↑のツッコミを見てスッキリした。

嫁の両親に向かって「娘さんを下さい、きっと幸せにしてみせます」なんて頼むのが当然なら男女同権はナシってことにならないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月23日 (火)

衆院選出馬要請に東国原知事「自民総裁にするなら」

リンク: 衆院選出馬要請に東国原知事「自民総裁にするなら」 : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞).

 自民党の古賀選挙対策委員長は23日、東国原英夫宮崎県知事と同県庁で会談し、次期衆院選に自民党公認候補として出馬するように求めた。

 これに対し、東国原知事は、全国知事会が作成したマニフェスト(政権公約)を自民党の公約にすべて取り込むことと、自身を自民党総裁として衆院選に臨むことを出馬の条件に挙げた。

 古賀氏は「お聞きしました」と述べ、即答しなかったという。

(2009年6月23日16時33分  読売新聞)

よくこういうことを臆面もなく言えるもんだ。東国原の権力欲の強さには呆れる。やっぱり政治家をやれるやつはちょっとおかしいな。

と書いてみたが、これは読売の曲解記事ってこともありうるな。

(追記)

http://www.asahi.com/politics/update/0623/TKY200906230295.html

2009年6月23日18時17分

 自民党の古賀誠選挙対策委員長は23日、宮崎県庁で同県の東国原英夫知事と会談し、次期総選挙に自民党から立候補するよう正式に要請した。東国原氏は、自身を自民党総裁候補とすることなどを立候補の条件に挙げた。

 会談は、知事室で約20分間行われた。古賀氏は「自民党も自浄能力を発揮して、変わっていかないといけない」として立候補を要請。具体的な選挙区などには言及しなかったという。

 これに対し、東国原氏は、(1)全国知事会でまとめた地方分権に関する方針を自民党の政権公約(マニフェスト)に盛り込む(2)自分を次期総裁候補とする、との条件を提示。立候補については、この日は結論は出なかった。

 会談後、東国原氏は記者団に「(条件を)実行すると約束していただけるのであれば、何らかの政治行動をとらなければならない」と国政転出の可能性をにじませた。条件を挙げたことについては「自民党が変わる千載一遇のチャンスなんじゃないか。生意気で申し訳ないのですが、変わって頂きたいという期待を込めて申し上げた」と語った。

どうもマジらしい。調子に乗り過ぎてるとしか思えない。

宮崎の特産品をしつこく売り込む姿を持ちネタにしてTVに出ているだけのように見える芸人に国政なんか任せられるか。

だけどほんとに誇大妄想狂だな。いくら自民党が落ち目とはいえ、自分より優秀な人材はたくさん居るのにそういう人たちを差し置いて「俺を党首にしろ」とはね。

中山議員の後継選びの時に、一旦、知事を途中で辞めるのが評判悪くてあきらめたくせに、実はやる気マンマンだったんな。知事は国政に打って出る為の腰掛けに過ぎないってことか。

(追記2)

2ちゃんねるでは、「東一流の断り方だ、もともと出る気なんかなくて、あれで自民党に活を入れようとしている、あっぱれ」 などと書かれているが、政治家になってるやつがそんな生易しい考え方をするはずないと思う。

前科のある元芸人の泡沫候補が知事にまで上り詰めた奇跡をもう一度、と思ってるに決まってる。

で、現在の日本の有権者のレベルだと、そういうことがあながち起こらないとも言い切れない。なにせ総理大臣が漢字を読み間違えることをマスコミがはやし立てただけでズドーンと支持率を落とすような国民なんだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月22日 (月)

電車に飛び込んで死ぬやつは死んで当然のバカだ

そして、死ぬ時までわざと人に迷惑を掛けるようなバカだ。

全くかわいそうとは思わない。

つらい事があったとしても、死ぬと覚悟を決めたからには落ち着いて、綺麗にこの世からオサラバすればいいのに、衝動的に、綺麗にどころかむしろ恨めしい世の中の連中に迷惑を掛けてやれ、とさえ思って死んでいるんだろう。そういう馬鹿なやつは、おそらく大した問題でもないことを解決できずに死んでるか、あるいは馬鹿なゆえにどんどん窮地に追込まれて死ぬ羽目になったかのどちらかにちがいない。

飛び込まれる列車の運転士や死体を片づける駅員の恐怖なんか全くおかまいナシだ。そんだけ周りに気を遣えないような馬鹿じゃ、そら世の中で上手くやっていけるはずがないわな。

こういうふうに死んだやつは、きっちりその自殺の理由を調べ上げて、どんだけ馬鹿な理由で死ぬはめになったか公表して笑い者にすべきだと思う。こういう馬鹿は、目立つ死に方をして世の中に自分の存在を認めてもらいたい、そして同情してもらいたい、などと思ってるだろうから、死んでから笑い者になると思えば少しは考えを改めるんじゃないだろうか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年6月21日 (日)

女性つかみ飛び降りた学生、処分保留で釈放…「故意ない」

リンク: 女性つかみ飛び降りた学生、処分保留で釈放…「故意ない」 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞).

 東京都杉並区の京王井の頭線永福町上りホームで5月、電車を待っていた女性(59)をつかんで線路に飛び降りたとして、殺人未遂容疑で現行犯逮捕された同区の男子大学生(20)について、東京地検は19日、処分保留で釈放した。

 大学生は5月31日午前9時25分頃、飲酒後に同駅を訪れ、女性と一緒に線路上に飛び降り、女性に腰の骨を折るなどの約2か月のけがをさせたとして逮捕された。

 しかし、その後の調べで、酒に酔ってホームを歩くうちに、誤って女性にぶつかった疑いが強いことが判明。同地検は「殺害や傷害の故意はなかった」と判断した。

(2009年6月19日23時22分  読売新聞)

殺人未遂ってのは行き過ぎかもしれないが、でも処分保留で釈放ってのはちょっと軽すぎる。

調べてみると、単なる過失致傷なら、罰金30万円だそうだ。過失で人を殺してもたったの50万円。こういうのは損害賠償まで国がキッチリ取りたてて欲しいもんだが。

酔っ払いじゃあ仕方ない、ということみたいだが、自分の意志で酔っ払ったのだから、過失よりは重くていいだろう。逆に、酔っ払いに絡まれた場合に線路に突き落とすぐらいしてもお咎めナシってことにしてもらいたいが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月20日 (土)

アニメの「メジャー」が見てられん

1. 清水(女)が色気づきやがって気持ち悪い。今までのあのあっさりした態度は単なるむっつりスケベだったのかよ。

2.佐藤の「五郎クン」が気持ち悪い。ホモかよ。野球やってるやつであり得ない。

3.佐藤の妹がなにかと言うと頬を赤らめるのが気持ち悪い。近親相姦かよ。

4.ギブソンの浪花節が気持ち悪い。

5.なんでもかんでも「五郎のおかげ」ってーのが気持ち悪い。どうせピンチのたびに球速が速くなってバットをへし折るんだろ。104マイルとか105マイルとか、106マイルとか107マイルとか…

あとあれだ、怪我を隠してがんばって後で分かってみんなから「なんとあんな怪我であそこまでがんばるとは五郎様すばらしすぎ。それにしても怪我さえなければ…」ってなるパターン。

あと、みんなががんばる五郎を見て「俺もがんばろう」と思うパターン。

五郎は救世主かよ。

6.眉村はゴルゴ13かよ。それなのに弱音吐いてんじゃネーヨ。あの眉村にさえ弱音を吐かせて自分は五郎より下だとみとめさせる五郎は絶対王者かよ。

こういうのはアニメだけのことなんだろうか? 連載中のマンガでもこんなんだったら人気でないぞ。

これに比べると「はじめの一歩」は断然いい。勝つと思っていても、一歩の勝ちかたが読めないし、勝っても一歩一人の力ってことにはならないし、脇役たちのエピソードも結構厚い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

首相「しょうもない票のない人、前に来ないで」報道陣に

リンク: asahi.com(朝日新聞社):首相「しょうもない票のない人、前に来ないで」報道陣に - 政治.

2009年6月20日6時28分

 麻生太郎首相は19日夜、東京都議選の応援のため三鷹市の自民党立候補予定者の事務所を訪れた際、報道陣に向かって「しょうもない人はちょっと来ないでくれる。票を持っている(地元の)人だけ前に来て。票を持ってない人が前に来られると」と述べた。

 事務所に入った首相が台に乗り、あいさつを始めようとすると、中に入れない支持者が多数いるのを発見。入口に戻りかけたため、事務所内の報道陣も動いたところ、首相はやや笑いながら発言した。次期衆院選を控え、内閣支持率急落など情勢の悪化にいらいらが募っているようで、思わず報道陣への嫌みが出たようだ。(時事)

マスコミの連中はまず、自分らの図々しさ、傍若無人さに気づけよ。おまえら一般人が居ても気にも留めないでぐいぐい割り込んでくるじゃないか。そういうことをしてるマスコミはドケって言われてるだけだろ。テメーラ同士ではどなりあいをしてるし。よくも人のことを言えたもんだ。

自分らはそういうことやってるくせに、この記事では弱ってる麻生を更に叩いてるツモリなんだろう。でも、下品な奴等によるただのイジメにしか読めないぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月17日 (水)

三沢光晴さん死す:受け身取れず、体が「く」の字に

リンク: 三沢光晴さん死す:受け身取れず、体が「く」の字に - 毎日jp(毎日新聞).

この会場で三沢コールをしていたプロレスファンがどうも引っかかる。彼らとしては無邪気に応援しているつもりだったんだろうが、「自分らのコールに万能の力がある」と勘違いしているように見えてしまった。集団で声を合わせてコールをすることで人に無茶な事を強いる、という場面をよく見るので、その不快さと重なるからだろう。

たとえば結婚式の二次会における「キス」コール。あるいは、イジメの一つとしての「カエレ」コール。

人数の勢いを借りて、一人じゃとても言えないような事を、罪悪感もなく言ってしまえるようなやつは嫌いだ。

今回の三沢コールも、結果的に言えば、死んで行くしかない人間に対して、生き返れ、そして俺にまたファイトを見せて楽しませてくれ、と無理強いをしていることになるので、それが引っかかってしまった。

また、スポーツの会場とかで応援で騒いでいる連中は、試合観戦より声を張り上げて応援すること自体に喜びを感じてそれを目的としているやつも多いわけで、今回の三沢コールも、自分らが盛り上る為のものなんじゃないか、と疑っているからでもある。

ただ、三沢からすると、意識がもうろうとしている中で自分への応援のコールを耳にしながら死ねたのだとしたら、もしかしたら幸せだったのかもしれない。

だからといって、ファンのあのコールはいいとは思えない。というか、ああいう状況で無神経にコールできるようなやつは嫌いだ。さらに、あのコールをすばらしい事のように語っているこういう↓やつも。

http://www.nikkansports.com/battle/news/f-bt-tp0-20090615-506935.html

◆素人や未熟な若手ならともかく、最高の技術を誇った三沢さんが、試合で亡くなったことに愕然としている。よほど体調が悪いなかでプロレスをされてたんだろうなと思うと悲しい。天龍さんがいなくなって、鶴田さんが病気になって、馬場さんが亡くなって、小橋さんが病気になって…三沢さんはあらゆる苦境をその圧倒的な強さで乗り切ってきた。リングで倒れたそんなレスラーが最後に耳にしたのは、満員のファンの三沢コールだったと信じている。三沢さん、たくさんのいい試合をありがとう!(20代男性)

「無神経だが、結果的に三沢にとってはよかったのかもしれない。無神経な行動もたまには役に立つこともある」ぐらいのことでしかないと思う。

三沢光晴さん死す:受け身取れず、体が「く」の字に

 プロレスリング・ノアの社長でプロレスラーの三沢光晴(みさわ・みつはる)さんが13日、試合中の事故で広島市内の病院に搬送され、同日午後10時10分、死亡が確認された。46歳。三沢さんは広島グリーンアリーナ小アリーナで行われた広島大会のGHCタッグ選手権の試合中に相手選手の岩石落とし(バックドロップ)を受けて頭部を強打。心肺停止状態に陥った。搬送先の病院では集中治療室で救命処置を受けたものの、帰らぬ人となった。

 まさかの事故が起こったのは午後8時半すぎだった。三沢さんは午後8時10分ごろから、潮崎豪と組んでメーンでGHCタッグ王者の斎藤彰俊、バイソン・スミスと対戦。ともに体重120キロ近い大型選手の王者組のパワーの前に苦戦を強いられていた。そして開始25分すぎに異変が起きた。時折頭を振るなど不自然なしぐさを見せていた三沢さんだったが、潮崎からタッチを受けて、バイソン、斎藤の合体技と斎藤の蹴りの連発を浴びるとぐったり。とどめに斎藤から高角度の岩石落としを食らった際に受け身の体勢が十分取れずに、体を「く」の字に折る不自然な形で落下、頭部と首を強打した。

 三沢さんはそのまま動かなくなり、レフェリーが異変に気付き試合を止めた。その後は参戦していた佐々木健介や高山善廣ら選手たちがリングに駆けつけて「社長」と声を掛けたが、三沢さんは応じなかった。すでに呼吸をしておらず、心肺停止の可能性が高いことから観戦していた医師やトレーナーらが人工呼吸や心臓マッサージを行ったが、反応はなかった。さらに、しばらくして駆けつけた救急隊員が自動体外式除細動器(AED)で蘇生(そせい)を試みたが、心肺停止のまま広島市内の病院に搬送された。

 この間、約2300人の観衆で埋まった会場は騒然とした状況になった。リングサイドのファンからは「三沢コール」がわき起こり、女性ファンの悲鳴に似た叫び声も上がった。搬送直後には、選手会長の森嶋猛がリングに上がりマイクを握って「三沢社長の状態が分かりません。選手一同無事を祈っています」などと、硬い表情で状況を説明した。

 病院に到着した三沢さんは集中治療室に運ばれ、懸命な処置が施されたが、午後10時10分、帰らぬ人となった。

 三沢さんは、昨年1月にも日本武道館で行われた森嶋とのGHCヘビー級タイトル戦で首を強打して病院に搬送されたことがある。また関係者によると、今年3月に日本テレビの地上波放送打ち切りが決まったころから「体調が悪い」と漏らしていたという。

 三沢さんは81年にデビュー、全日本時代には2代目タイガーマスクとして活躍し、3冠ヘビー級王者などエースの地位を確立した。新団体のノアを設立後には社長に就任、トップ選手として活躍を続けていた。プロレス界は大きな柱を失った。

 ◆三沢 光晴(みさわ・みつはる) 1962年(昭37)6月18日、北海道夕張市生まれの46歳。プロレスラーを志し、レスリングの名門・足利工大付高に進学。国体優勝などの実績を引っさげ、ジャイアント馬場率いる全日本プロレスに入門し、81年8月21日、越中詩郎戦でプロデビューした。84年にメキシコ武者修行に出て、帰国後2代目タイガーマスクとして活躍。90年5月から素顔で戦い、92年8月に3冠ヘビー級選手権を獲得。その後、川田利明、小橋建太、田上明らと四天王プロレスを展開したが、00年6月に退団。同年7月に「ノア」を旗揚げし、社長としてマット界を引っ張った。1メートル85、110キロ。(スポニチ)

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009年6月13日 (土)

アイオワ州で新種の雲、あたかも「世界の終わり」のような状況が出現

リンク: アイオワ州で新種の雲、あたかも「世界の終わり」のような状況が出現 - Technobahn.

特撮とかでよくやられる、ドライアイスを床に敷き詰めて画面を上下逆にして雲に見せたやつ、みたいだな。

「世界の終わり」ってのは、特撮映画なんかでよく出てくる世界の終わりの映像表現に似てるって意味なんだろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白髪の原因はストレス…東京医科歯科大教授ら突き止める : 科学 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

リンク: 白髪の原因はストレス…東京医科歯科大教授ら突き止める : 科学 : YOMIURI ONLINE(読売新聞).

 髪の毛が白くなるのは、黒髪のもとになる色素幹細胞がストレスで枯渇するのが原因であることを、東京医科歯科大の西村栄美教授らが突き止めた。

色素幹細胞の働きを維持することで、白髪の予防も可能になると期待される。科学誌セルの最新号に発表された。

 色素幹細胞は毛根部にあり、自己複製を繰り返しながら色素になる細胞を供給している。西村教授らがマウスに放射線を当て、遺伝子を損傷するようなストレスを与えたところ、幹細胞は自己複製機能を失い、すべて色素の細胞に分化した。色素の細胞のもとになる幹細胞がなくなるため、白髪化が進むことが分かった。

 西村教授は「白髪の原因になるような幹細胞の分化は、他の老化現象でも起きている可能性がある。若さを保つ研究の手掛かりになる」と話している。

(2009年6月13日08時04分  読売新聞)

うわスゲー、白髪が多いか少ないかで苦労してるかどうかが分かるんだ、白髪が多い人って苦労してんだなー、と一瞬思ったが、よく考えてみるとその「ストレス」と、人間の精神的なストレスとは違うんじゃないか?

白髪が遺伝子の変化によるものなんてのは分かりきったことであって、遺伝子を傷付けて黒い色素を作る部分をこわせばそら白髪にもなるわな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 7日 (日)

日曜サンデーの布施明

あんまり興味なかったので所々聞いていて、ギャグとかさぶい感じがしていたが、だんだん聞いているうちに布施明の人格に感心してしまった。

若い頃から成功していて、幾つも名作も世に出していてあ、まあ、あんまり苦労とかせずに来たんじゃないかと思うんだが、そういうふうに生きて年を取っていくと、あんなにいい感じの人になるんだなぁ。

あんなに歌が上手いのに、あんまり歌にこだわっていない。やっぱりこだわりって人間を捻じ曲げるんだな。

で、カラオケベスト10で歌を聴くと、これが一つ一ついい。古いのは古いので、その時代の熱気を感じさせるし、君バラについての田中の蘊蓄も抜群だし、仮面ライダーの歌だって何かこういさましいようなロマンあふれるような感じで、いいんだよなぁ。

ああいう才能を持った人が、物事にこだわらず、楽々上機嫌で生きている姿を見るのは(聞くのは)いいものだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 3日 (水)

小林麻耶のキャスターぶりはかなりいい

たんなるアイドルアナだと思っていたが、夕方のニュースを見たらかなりいい。フジテレビの安藤裕子より全然マシだ。品があって、ニュートラルな感じでニュースを読んでいるのがよい。わざとらしく憤慨してみせたりしない。せいぜい悲しそうな顔をするぐらいで、とても上品だ。

ニュースの読みもつっかえたりせずスムーズで安心できる。原稿がテレビカメラの下に出るからかもしれないが、目線をアンマリ上げ下げしないのもよい。

日本テレビの笛吹さんもかなりいいんだが、あれはいつも横にいる元警視庁捜査一課の田宮さんにふって田宮さんが憤慨してみせるので、結構鬱陶しい。

テレ朝の小宮悦子は久米宏に習って、呆れた顔をしてみせたりするのでこれも邪魔だ。

安藤裕子はすべてが木村太郎だよりで、なにかと言うと木村に同意を求めていて、いい年をして自分で判断できんのか、と思う。

クリステルはあのトローンとした顔がどうもいけない。もっとしゃきっとしろ、と思う。

こうして見ると、小林麻耶は、現在の女性キャスター、いや、男性キャスターも含めて、現在のニュースキャスターの中でベストかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »