« 八月のクリスマスと8月のクリスマス | トップページ | 風潮を広めてるのはお前らだろうが »

2008年11月22日 (土)

ALWAYS 続 3丁目の夕日はいまいち

前作は良かったのに、今回のはいまいちだったわ。

見たいのは堀北真希だけなのに、堀北真希の出番が少なすぎた。前回は半分ぐらいは堀北真希のエピソードだったが、今回は茶川の小説がメインで堀北は脇役でしかない。前回も茶川の部分は飛ばし飛ばし見ていたのだが、今回それやってると見るとこがなくなってしまう。

この映画は、かつての吉永小百合の青春映画を堀北真希でリメイクしたようなものであって欲しかった。 昭和30年代がいいんじゃなくて、昭和30年代の純情娘がいいんだ。

最後の夕焼けも小ぢんまりしてたなぁ。もう少しでっかく画面全体で見せて欲しかった。

茶川の部分だって、前回ほど良くない。泣けそうなとこはみんながこっそり本を買って読んでたってとこぐらいか。わがまま娘の改心とか一平の恋とか、あんまり興味惹かれない。日本橋だって、前回の東京タワーと比べたら全然インパクトなかった。

前回は、テレビが来たり、冷蔵庫が来たり、ピエール瀧はしょぼくれてたり、といろいろ重要なエピソードあったのに。

|

« 八月のクリスマスと8月のクリスマス | トップページ | 風潮を広めてるのはお前らだろうが »

コメント

きのうBSデジタルTVで、ノーカットのやつをみたら結構良かった 細かいエピソードがあるのとないのとでは深みがまるで違う この映画はノーカットで大きな画面で見ないと良さがいまいちわからない映画だったのか 普通いい映画は初見で見る場合、いくらカットされてもよさは分かるものだが

投稿: ex2channeler | 2012年10月24日 (水) 07時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/516062/25575303

この記事へのトラックバック一覧です: ALWAYS 続 3丁目の夕日はいまいち:

« 八月のクリスマスと8月のクリスマス | トップページ | 風潮を広めてるのはお前らだろうが »