« 秘密基地の大江健三郎 | トップページ | 深夜の馬鹿力 2008/03/03 »

2008年3月 2日 (日)

それでもボクはやってない

結構引き込まれて見た。

プリンスホテルには謝らなきゃならないな。 裁判所があんな頼りにならない、事なかれ主義のとこだったとは知らなかった。 あんなとこが適当に決めた命令だったら、もし従わなくていいんならそら従わないよ。判決の理由だってあいまいなもんだし。判決理由に「~は明らかである」とか言われたって全く納得できない。こっちからしたら全然 「明らか」なんか じゃねーし。

まあ裁判官だって単なる公務員なわけで、検察警察と同じ穴のムジナか。

刑務所に入れられることより、ああいう理不尽な裁判受けさせられることの方が怖い。そっちの方がよっぽど犯罪の抑止力になる。

弁護士なんかも、空しい職業だね。

検事とか警察は単なる必要悪だし。あいつらが捜査と称して山ほど段ボール箱に書類詰めていくのとか見ると、嫌がらせとしか思えない。 こないだビデオ倫の逮捕では、ハイビジョンテレビを持ってってたけど、そんなもんもってって何を調べるっつんだよ。

地方によって法律や制度に違いがあって、自分の納得できる制度を施行している地方で暮らせたらいいんだけどな。

|

« 秘密基地の大江健三郎 | トップページ | 深夜の馬鹿力 2008/03/03 »

コメント

いままで裁判所というところに対して漠然として持ってた信頼感が消えた。 知らぬが仏だったかな。
小日向の前の裁判官みたいな人だったら良いのに、ああいうまともな人は排斥されちゃうわけね。

こういう制度ってなっかなか変わらないんだろうな。
変えようとしたら司法の全権力を使って嫌がらせをしてきそうだ。

投稿: ex2channeler | 2008年3月 3日 (月) 00時05分

あと、ここでも「女子中学生」の威光の大きさを思い知らされた。 裁判官みたいにガリ勉してきたやつらは、「女子中学生」 は天使だ、とか思っちゃってるんだろうな。

投稿: ex2channeler | 2008年3月 3日 (月) 00時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/516062/10887317

この記事へのトラックバック一覧です: それでもボクはやってない:

« 秘密基地の大江健三郎 | トップページ | 深夜の馬鹿力 2008/03/03 »